いまさら翼といわれても

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年11月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
360
ISBN:
9784041047613

いまさら翼といわれても

  • 著者 米澤 穂信
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年11月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
360
ISBN:
9784041047613

「大人」になるため、挑まなければいけない謎。待望の〈古典部〉最新作!

累計230万部突破の〈古典部〉シリーズ最新作!
誰もが「大人」になるため、挑まなければいけない謎がある――『満願』『王とサーカス』の著者による、不動のベスト青春ミステリ!

神山市が主催する合唱祭の本番前、ソロパートを任されている千反田えるが行方不明になってしまった。
夏休み前のえるの様子、伊原摩耶花と福部里志の調査と証言、課題曲、ある人物がついた嘘――折木奉太郎が導き出し、ひとりで向かったえるの居場所は。そして、彼女の真意とは?(表題作)

時間は進む、わかっているはずなのに。
奉太郎、える、里志、摩耶花――〈古典部〉4人の過去と未来が明らかになる、瑞々しくもビターな全6篇。


メディアミックス情報

NEWS

「いまさら翼といわれても」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 発売を待った甲斐がありました。よかったぁ! 四人それぞれの「事件」の、解決までの時間そのものが青春だな、と。ミステリとしても見事。「箱の中の欠落」など、あの伏線に、全く気がつきませんでした。6編それぞ 発売を待った甲斐がありました。よかったぁ! 四人それぞれの「事件」の、解決までの時間そのものが青春だな、と。ミステリとしても見事。「箱の中の欠落」など、あの伏線に、全く気がつきませんでした。6編それぞれの心理ドラマだけで読んだ価値あり。これまでの世界を掘り下げ、四人が過去に経験した出来事が明らかになるにつれ、人物もくっきり好ましく。ますます古典部ファンになりそうです。 …続きを読む
    へくとぱすかる
    2016年12月03日
    649人がナイス!しています
  • 2017年の第一作は、米澤穂信の新作!〈古典部〉シリーズは、初読です。今まで読んだ著者の作品(「満願」等)とは、かなりテイストが違いますが、穏やかな元旦の朝に相応しく爽やかな印象、ミステリ風の連作短編 2017年の第一作は、米澤穂信の新作!〈古典部〉シリーズは、初読です。今まで読んだ著者の作品(「満願」等)とは、かなりテイストが違いますが、穏やかな元旦の朝に相応しく爽やかな印象、ミステリ風の連作短編青春小説集でした。オススメは「わたしたちの伝説の一冊」と表題作の「いまさら翼といわれても」です。漫研の部員で漫画を描かない部員がいることを初めて知りました。古典部とは、どういった活動をする部なのでしょうか?只管、古典を読んだり、和歌を詠んだり、陰陽師を研究したりするのかなぁ?2017年は上々の滑り出しです。 …続きを読む
    starbro
    2017年01月01日
    637人がナイス!しています
  • 今年の1冊目は待ちに待った『古典部シリーズ』最新作。基本的に文庫本しか読まないのですがこの作品だけは例外です。久し振りの4人との再会に懐かしさで一杯です。6つの短編からなる一冊ですが相変わらずのホータ 今年の1冊目は待ちに待った『古典部シリーズ』最新作。基本的に文庫本しか読まないのですがこの作品だけは例外です。久し振りの4人との再会に懐かしさで一杯です。6つの短編からなる一冊ですが相変わらずのホータローの洞察力には感動します。古典部メンバーのキャラも変わらず安心でした。しかし最後の表題作は今までにない千反田えるの抱える心の内側が表されていた。衝撃的でした。今後の展開が読めない。 ホータロー、頑張れ!えるを救って!と願って止まない結末でした。 …続きを読む
    カメ吉
    2017年01月03日
    489人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

米澤 穂信(よねざわ・ほのぶ)

1978年岐阜県生まれ。2001年、第5回角川学園小説大賞(ヤングミステリー&ホラー部門)奨励賞を『氷菓』で受賞しデビュー。11年『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)、14年『満願』で第27回山本周五郎賞を受賞。『満願』、15年『王とサーカス』はそれぞれ3つの年間ミステリ・ランキングで1位となり、史上初の2年連続3冠を達成。本書は〈古典部〉シリーズの6作目である。米澤 穂信 公式Blog

最近チェックした商品