角川文庫

いまさら翼といわれても

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041081648
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

角川文庫

いまさら翼といわれても

  • 著者 米澤 穂信
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041081648

謎解きを通し〈古典部〉メンバーの新たな一面に出会う、シリーズ第6弾。

「ちーちゃんの行きそうなところ、知らない?」夏休み初日、折木奉太郎にかかってきた〈古典部〉部員・伊原摩耶花からの電話。合唱祭の本番を前に、ソロパートを任されている千反田えるが姿を消したと言う。千反田は今、どんな思いでどこにいるのか――会場に駆けつけた奉太郎は推理を開始する。千反田の知られざる苦悩が垣間見える表題作ほか、〈古典部〉メンバーの過去と未来が垣間見える、瑞々しくもビターな全6篇。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「いまさら翼といわれても」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 久々の新作。もともと大好きなシリーズなんですが今作はちょっとけた違い!元々思い入れがあるので、登場人物達の成長が嬉しい。脇役的だった摩耶花が大活躍したり、ホータローの省エネ主義の秘密が明らかになったり 久々の新作。もともと大好きなシリーズなんですが今作はちょっとけた違い!元々思い入れがあるので、登場人物達の成長が嬉しい。脇役的だった摩耶花が大活躍したり、ホータローの省エネ主義の秘密が明らかになったり、中学時代のホータロー、さとしのヒーロー話が明かされる。自分が悪役になって女の子を助ける格好いいじゃないか‼「今さら翼」はホータローの話じゃなくて、えるの話だったんだ!続きモノだから難しいと思うけど何か賞とってもいいんじゃないかと思ってます。 …続きを読む
    カレイ.シュウ
    2019年06月18日
    81人がナイス!しています
  • 文庫化で再読。短編集。 古典部メンバーそれぞれにクローズアップした話が収録されている。 個性豊かな彼らのバックボーンが垣間見えて、より一層の愛着が湧く。どうか早く続きが出ますようにナムナム(‐人‐) 文庫化で再読。短編集。 古典部メンバーそれぞれにクローズアップした話が収録されている。 個性豊かな彼らのバックボーンが垣間見えて、より一層の愛着が湧く。どうか早く続きが出ますようにナムナム(‐人‐)
    torami
    2019年06月15日
    36人がナイス!しています
  • 里志くんの正義感がだんだんと表に出てきているような、前はトラブルをホータローに持ち込むような印象でしたが、、、里志を始め、この巻は3人に注視された巻だった気がします。ホータローの話でさえ、えるから引き 里志くんの正義感がだんだんと表に出てきているような、前はトラブルをホータローに持ち込むような印象でしたが、、、里志を始め、この巻は3人に注視された巻だった気がします。ホータローの話でさえ、えるから引き出されていた話のような気もします。いまさら翼と言われるのは、完璧人間のえるだから刺さるのでしょうが、人間いつでもこれを問われているのだよなきっと。6冊目に読むのがこれは良し。 …続きを読む
    kei@名古屋
    2019年06月24日
    32人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品