角川文庫

いまさら翼といわれても

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041081648
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

角川文庫

いまさら翼といわれても

  • 著者 米澤 穂信
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041081648

謎解きを通し〈古典部〉メンバーの新たな一面に出会う、シリーズ第6弾。

「ちーちゃんの行きそうなところ、知らない?」夏休み初日、折木奉太郎にかかってきた〈古典部〉部員・伊原摩耶花からの電話。合唱祭の本番を前に、ソロパートを任されている千反田えるが姿を消したと言う。千反田は今、どんな思いでどこにいるのか――会場に駆けつけた奉太郎は推理を開始する。千反田の知られざる苦悩が垣間見える表題作ほか、〈古典部〉メンバーの過去と未来が垣間見える、瑞々しくもビターな全6篇。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「いまさら翼といわれても」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • とてもとても久しぶりの古典部シリーズ最新刊。高校生っていいなー、と思うことたくさん。漫画研究会の話は妬み僻みが渦巻いてるなぁ、と思いました。ホータローが料理をきちんと作れる人だったことにビックリしまし とてもとても久しぶりの古典部シリーズ最新刊。高校生っていいなー、と思うことたくさん。漫画研究会の話は妬み僻みが渦巻いてるなぁ、と思いました。ホータローが料理をきちんと作れる人だったことにビックリしました。他の古典部員、あー、そういえばいたなぁ、この人、とか懐かしく楽しく読めました。千反田の合唱(独唱?)は、どうなるのでしょう…。気になります! …続きを読む
    ひかり
    2019年06月19日
    91人がナイス!しています
  • 久々の古典部シリーズ。Wikipediaでは、「日常の謎」に分類されている本シリーズ。「ふとした謎」が「厳密なロジック」のもとに解明されるというのは言い得て妙である。短篇集であるが、最後の表題作が秀逸 久々の古典部シリーズ。Wikipediaでは、「日常の謎」に分類されている本シリーズ。「ふとした謎」が「厳密なロジック」のもとに解明されるというのは言い得て妙である。短篇集であるが、最後の表題作が秀逸。ハウダニットというか、Whyはすぐわかる。折木君よりも情報を多く持っている私たちであるから、よけいにわかりやすい。が、描かれないことが大変多く、行間を読むことを強いられる。というか、「行間だらけ」である。そう、きっとそれが楽しいから、なんのかのと言いながら、このシリーズは全部読んでしまったりしているのだ。 …続きを読む
    katsubek
    2019年07月12日
    88人がナイス!しています
  • やっぱり私は伊原さんが好き。いい子だよなぁ伊原さん。    そして今回の短編で奉太郎に対する印象が多少なりとも改善した。    しかしまぁ相変わらず話は面白いですね。     一番はやっぱり伊原さんの やっぱり私は伊原さんが好き。いい子だよなぁ伊原さん。    そして今回の短編で奉太郎に対する印象が多少なりとも改善した。    しかしまぁ相変わらず話は面白いですね。     一番はやっぱり伊原さんの話ですけど。 「いまさら翼といわれても」が詩的すぎて台詞としては違和感があるけれど、これが文学かぁ……と感心している。 …続きを読む
    nayu
    2019年06月26日
    88人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品