試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

カドフェス2021
カドフェス2021
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年06月02日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
448
ISBN:
9784041113936

黒牢城

  • 著者 米澤 穂信
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年06月02日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
448
ISBN:
9784041113936

信長を裏切った荒木村重と囚われの黒田官兵衛。二人の推理が歴史を動かす。

本能寺の変より四年前、天正六年の冬。織田信長に叛旗を翻して有岡城に立て籠った荒木村重は、城内で起きる難事件に翻弄される。動揺する人心を落ち着かせるため、村重は、土牢の囚人にして織田方の軍師・黒田官兵衛に謎を解くよう求めた。事件の裏には何が潜むのか。戦と推理の果てに村重は、官兵衛は何を企む。デビュー20周年の到達点。『満願』『王とサーカス』の著者が挑む戦国×ミステリの新王道。

戦と推理、劇的人間ドラマ

信長に叛した荒木村重と智将・黒田官兵衛、閉ざされた城での推理戦


  • カドフェス2021
    カドフェス2021

メディアミックス情報

NEWS

「黒牢城」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 米澤 穂信は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。著者初の歴史小説、荒木村重は知っていますが、村重が主人公の小説は、初読です。大河ドラマ「軍師官兵衛」を観ていたので、黒田官兵衛は岡田准一、荒木村重 米澤 穂信は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。著者初の歴史小説、荒木村重は知っていますが、村重が主人公の小説は、初読です。大河ドラマ「軍師官兵衛」を観ていたので、黒田官兵衛は岡田准一、荒木村重は田中哲司のイメージで読みました。息詰まる籠城戦での群像劇、著者ならではの緊迫した歴史小説でした。歴史を紐解くと毛利を当てにして戦を行った武将は皆惨敗しています。毛利(長州)は明治維新で漸く天下を取りました。 https://www.kadokawa.co.jp/product/322101000890/ …続きを読む
    starbro
    2021年06月23日
    260人がナイス!しています
  • 米澤穂信さんの新作は戦国時代が舞台だった。時代小説とミステリー、1冊で2度おいしい本です。主人公は信長に反旗を翻した荒木村重。舞台は現在の伊丹市にあった有岡城。戦乱で、降伏するよう説得に来た黒田官兵衛 米澤穂信さんの新作は戦国時代が舞台だった。時代小説とミステリー、1冊で2度おいしい本です。主人公は信長に反旗を翻した荒木村重。舞台は現在の伊丹市にあった有岡城。戦乱で、降伏するよう説得に来た黒田官兵衛を牢に幽閉した。城内で起きる難事件に対して、黒田官兵衛に謎を解くよう求めた。敵同士の戦乱武将を一つの舞台で物語を展開するのが面白い。ミステリーの域を越えてエンタメに仕上げているのは、米澤さんの手腕だろう。ミステリーに比して時代小説のウェイトが重いように感じた。やや読み難さを感じたのも事実だった。 …続きを読む
    のぶ
    2021年06月17日
    148人がナイス!しています
  • 【辛口ゴメン】どうにも読み辛い(´Д`)。調味料の塩梅か煮込みの加減か。抜群の食材なのに味は全体的にボヤけ気味。米澤さんによる「歴史×ミステリー」-これは普通とびついちゃいます。黒田官兵衛の有岡城幽閉 【辛口ゴメン】どうにも読み辛い(´Д`)。調味料の塩梅か煮込みの加減か。抜群の食材なのに味は全体的にボヤけ気味。米澤さんによる「歴史×ミステリー」-これは普通とびついちゃいます。黒田官兵衛の有岡城幽閉、織田に叛き籠城する荒木勢の疑心暗鬼。密室殺人をはじめ城内で多発する怪事件。安楽椅子探偵よろしく地下牢で全て謎解いてしまう官兵衛(このへんの不気味さはレクター博士を彷彿)。歴史モノとしてはアプローチに新鮮さを感じましたが、ミステリーとしては強引で薄味だったように思います。悪くないんやけど…。ファンの方ゴメン。 …続きを読む
    とん大西
    2021年07月04日
    131人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品