家族解散まで千キロメートル

家族解散まで千キロメートル

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年03月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784041145647

家族解散まで千キロメートル

  • 著者 浅倉 秋成
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年03月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784041145647

〈家族の嘘〉が暴かれる時、本当の人生が始まる。どんでん返し家族ミステリ

実家に暮らす29歳の喜佐周(きさ・めぐる)。古びた実家を取り壊して、両親は住みやすいマンションへ転居、姉は結婚し、周は独立することに。引っ越し3日前、いつも通りいない父を除いた家族全員で片づけをしていたところ、不審な箱が見つかる。中にはニュースで流れた【青森の神社から盗まれたご神体】にそっくりのものが。「いっつも親父のせいでこういう馬鹿なことが起こるんだ!」理由は不明だが、父が神社から持ってきてしまったらしい。返却して許しを請うため、ご神体を車に乗せて青森へ出発する一同。しかし道中、周はいくつかの違和感に気づく。なぜ父はご神体など持ち帰ったのか。そもそも父は本当に犯人なのか――? 実家に暮らす29歳の喜佐周(きさ・めぐる)。古びた実家を取り壊して、両親は住みやすいマンションへ転居、姉は結婚し、周は独立することに。引っ越し3日前、いつも通りいない父を除いた家族全員で片づけをしていたところ、不審な箱が見つかる。中にはニュースで流れた【青森の神社から盗まれたご神体】にそっくりのものが。「いっつも親父のせいでこういう馬鹿なことが起こるんだ!」理由は不明だが、父が神社から持ってきてしまったらしい。返却して許しを請うため、ご神体を車に乗せて青森へ出発する一同。しかし道中、周はいくつかの違和感に気づく。なぜ父はご神体など持ち帰ったのか。そもそも父は本当に犯人なのか――?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

特設サイト

カドブン記事一覧

【2024年3月26日】【5分でわかる!】〈家族の嘘〉をめぐるどんでん返しミステリ――浅倉秋成『家族解散まで千キロメートル』作品紹介

【2024年3月18日】浅倉秋成『家族解散まで千キロメートル』試し読み(全6回)

「家族解散まで千キロメートル」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前半から中盤までは、ドタバタ逃亡ミステリ的で疾走感がありましたが、残り1/3の真相解明パートに入ってからはトーンダウンしてしまった。読みやすさもあり、伏線回収はいつもどおりの手腕でしたが、やや強引さも見 前半から中盤までは、ドタバタ逃亡ミステリ的で疾走感がありましたが、残り1/3の真相解明パートに入ってからはトーンダウンしてしまった。読みやすさもあり、伏線回収はいつもどおりの手腕でしたが、やや強引さも見えた。一番残念だったのは、真相の核となる「家族」の在り方について、自分としては腹落ちできなかったことです。面白くなくはないんですけどね。 …続きを読む
    さーくる・けー
    2024年04月04日
    27人がナイス!しています
  • この家族を苦しめてきたのはお父さんじゃなくて、お父さんの浮気でもなくて、ましてやお母さんでもお兄ちゃんでも周でもなくて、『家族』そのものだって言ってるの。家族は団結するべき、家族は仲よくするべき、家族 この家族を苦しめてきたのはお父さんじゃなくて、お父さんの浮気でもなくて、ましてやお母さんでもお兄ちゃんでも周でもなくて、『家族』そのものだって言ってるの。家族は団結するべき、家族は仲よくするべき、家族の中に苦しそうなメンバーがいたとしても、少しくらい苦しそうな人がいるほうが立派な気がする。なぜならそれが、『常識』だから。どれだけひずみを生んでも、どれだけ成員の多くが息苦しくなろうとも、きっとこれからもみんなは幸せよりも『家族』と『常識』を優先して、合言葉みたいに言い続ける。 …続きを読む
    まさおか つる
    2024年04月13日
    16人がナイス!しています
  • 家族のあり方とミステリーがうまく繋がらなかった印象。前半のドキドキ感が後半少し失速…と感じるのも『6人の嘘つきな大学生』が良すぎたからだと思う。 家族のあり方とミステリーがうまく繋がらなかった印象。前半のドキドキ感が後半少し失速…と感じるのも『6人の嘘つきな大学生』が良すぎたからだと思う。
    なつめ
    2024年04月02日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品