家族解散まで千キロメートル

家族解散まで千キロメートル

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年03月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784041145647

家族解散まで千キロメートル

  • 著者 浅倉 秋成
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年03月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784041145647

〈家族の嘘〉が暴かれる時、本当の人生が始まる。どんでん返し家族ミステリ

実家に暮らす29歳の喜佐周(きさ・めぐる)。古びた実家を取り壊して、両親は住みやすいマンションへ転居、姉は結婚し、周は独立することに。引っ越し3日前、いつも通りいない父を除いた家族全員で片づけをしていたところ、不審な箱が見つかる。中にはニュースで流れた【青森の神社から盗まれたご神体】にそっくりのものが。「いっつも親父のせいでこういう馬鹿なことが起こるんだ!」理由は不明だが、父が神社から持ってきてしまったらしい。返却して許しを請うため、ご神体を車に乗せて青森へ出発する一同。しかし道中、周はいくつかの違和感に気づく。なぜ父はご神体など持ち帰ったのか。そもそも父は本当に犯人なのか――? 実家に暮らす29歳の喜佐周(きさ・めぐる)。古びた実家を取り壊して、両親は住みやすいマンションへ転居、姉は結婚し、周は独立することに。引っ越し3日前、いつも通りいない父を除いた家族全員で片づけをしていたところ、不審な箱が見つかる。中にはニュースで流れた【青森の神社から盗まれたご神体】にそっくりのものが。「いっつも親父のせいでこういう馬鹿なことが起こるんだ!」理由は不明だが、父が神社から持ってきてしまったらしい。返却して許しを請うため、ご神体を車に乗せて青森へ出発する一同。しかし道中、周はいくつかの違和感に気づく。なぜ父はご神体など持ち帰ったのか。そもそも父は本当に犯人なのか――?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

特設サイト

カドブン記事一覧

【2024年5月02日】【反響続々】書店員さんの感想を大公開! 浅倉秋成『家族解散まで千キロメートル』

【2024年3月26日】【5分でわかる!】〈家族の嘘〉をめぐるどんでん返しミステリ――浅倉秋成『家族解散まで千キロメートル』作品紹介

【2024年3月18日】浅倉秋成『家族解散まで千キロメートル』試し読み(全6回)


「家族解散まで千キロメートル」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 1月1日元旦の喜佐家の波乱の物語。倉庫に謎のご神体が見つかりはるばる青森県の十和田白山神社まで家族で返しに行くことに。時間が迫る中、疑心暗鬼がさまよい、誰が盗んだ?何のために?様々な行くてを阻む事も起き 1月1日元旦の喜佐家の波乱の物語。倉庫に謎のご神体が見つかりはるばる青森県の十和田白山神社まで家族で返しに行くことに。時間が迫る中、疑心暗鬼がさまよい、誰が盗んだ?何のために?様々な行くてを阻む事も起き、ハラハラな展開に。と、ここまでは楽しめた。その後の無理矢理な展開についていくのが難しく、家族とは?の投げかけにも心がさほど動かずモヤモヤ感だけ残った。『6人の…』ほどの驚きと面白さにはちょっと…。ごめんなさい …続きを読む
    ショースケ
    2024年05月14日
    146人がナイス!しています
  • とても面白かった。実は上河内サービスエリアでレモン牛乳を飲みながら読書していた私。(リニューアルしたので行ってみた)えーここ通ってる!という興奮。地元の地名が出てくると嬉しい。家族とは夫婦とは?深く考 とても面白かった。実は上河内サービスエリアでレモン牛乳を飲みながら読書していた私。(リニューアルしたので行ってみた)えーここ通ってる!という興奮。地元の地名が出てくると嬉しい。家族とは夫婦とは?深く考えさせられる。終盤の展開は浅倉作品らしく二転三転する。思い込みってよくない。家族で考えがすれ違うのはよくあることかもしれないが悲しい。常識とズレていることは仕方がないけれど、それが納得できず居心地悪いならば話し合いたいと思った。解散といってもみんな大人だし、血のつながりがあるのだがら、また会えばよいと思う。 …続きを読む
    美紀ちゃん
    2024年04月28日
    85人がナイス!しています
  • 星3 ミステリーと家族の意味を考える哲学の混合小説。前半は、ドタバタロードノベルの色彩が強く、あまり深く考えることもなく読み進めたが、終盤で家族の意味、一夫一婦制の捉え方についての問題提起に始まり、頭 星3 ミステリーと家族の意味を考える哲学の混合小説。前半は、ドタバタロードノベルの色彩が強く、あまり深く考えることもなく読み進めたが、終盤で家族の意味、一夫一婦制の捉え方についての問題提起に始まり、頭の柔軟性を維持するためのトレーニングになった。小説としては、何か深さに欠ける作品で、哲学的意味、動物生態学の問題提起をするのであれば、もっと突っ込んだ主張、議論がないと思考トレーニングにはなり得ない。面白くは読めたが、なんか中途半端な読後感が残った。 …続きを読む
    hirokun
    2024年04月20日
    83人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品