この夏の星を見る

この夏の星を見る

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年06月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
488
ISBN:
9784041132166

この夏の星を見る

  • 著者 辻村 深月
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年06月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
488
ISBN:
9784041132166

この物語は、あなたの宝物になる。

亜紗は茨城県立砂浦第三高校の二年生。顧問の綿引先生のもと、天文部で活動している。コロナ禍で部活動が次々と制限され、楽しみにしていた合宿も中止になる中、望遠鏡で星を捉えるスピードを競う「スターキャッチコンテスト」も今年は開催できないだろうと悩んでいた。真宙(まひろ)は渋谷区立ひばり森中学の一年生。27人しかいない新入生のうち、唯一の男子であることにショックを受け、「長引け、コロナ」と日々念じている。円華(まどか)は長崎県五島列島の旅館の娘。高校三年生で、吹奏楽部。旅館に他県からのお客が泊っていることで親友から距離を置かれ、やりきれない思いを抱えている時に、クラスメイトに天文台に誘われる――。
コロナ禍による休校や緊急事態宣言、これまで誰も経験したことのない事態の中で大人たち以上に複雑な思いを抱える中高生たち。しかしコロナ禍ならではの出会いもあった。リモート会議を駆使して、全国で繋がっていく天文部の生徒たち。スターキャッチコンテストの次に彼らが狙うのは――。
哀しさ、優しさ、あたたかさ。人間の感情のすべてがここにある。
亜紗は茨城県立砂浦第三高校の二年生。顧問の綿引先生のもと、天文部で活動している。コロナ禍で部活動が次々と制限され、楽しみにしていた合宿も中止になる中、望遠鏡で星を捉えるスピードを競う「スターキャッチコンテスト」も今年は開催できないだろうと悩んでいた。真宙(まひろ)は渋谷区立ひばり森中学の一年生。27人しかいない新入生のうち、唯一の男子であることにショックを受け、「長引け、コロナ」と日々念じている。円華(まどか)は長崎県五島列島の旅館の娘。高校三年生で、吹奏楽部。旅館に他県からのお客が泊っていることで親友から距離を置かれ、やりきれない思いを抱えている時に、クラスメイトに天文台に誘われる――。
コロナ禍による休校や緊急事態宣言、これまで誰も経験したことのない事態の中で大人たち以上に複雑な思いを抱える中高生たち。しかしコロナ禍ならではの出会いもあった。リモート会議を駆使して、全国で繋がっていく天文部の生徒たち。スターキャッチコンテストの次に彼らが狙うのは――。
哀しさ、優しさ、あたたかさ。人間の感情のすべてがここにある。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

プロローグ
第一章 “いつも“が消える
第二章 答えを知りたい
第三章 夏を迎え撃つ
第四章 星をつかまえる
第五章 近くて遠い
最終章 あなたに届け
エピローグ

『この夏の星を見る』特設サイト



カドブン記事一覧

【2023年12月05日】2023年が終わる前に、絶対に読んでおきたい小説6選【2023年KADOKAWA文芸書話題作まとめ】


【2023年07月31日】この本に出会えて良かった——辻村深月・新刊『この夏の星を見る』レビュー【評者:早見和真】


【2023年07月28日】辻村深月が描く「今の時代」の青春小説


【2023年07月15日】きっと、空を見上げる。「天体観測小説5選」


【2023年04月25日】「強い絆」の弱さから、「弱い絆」の強さへ――辻村深月『この夏の星を見る』レビュー【評者:吉田大助】


「この夏の星を見る」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 8月の第一作は、辻村 深月の最新作、辻村 深月は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。本書は、この夏の夜空を飾るに相応しいコロナ禍ならではの天文部青春譚、爽やかな感動作でした。私は我が家の二人の息子 8月の第一作は、辻村 深月の最新作、辻村 深月は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。本書は、この夏の夜空を飾るに相応しいコロナ禍ならではの天文部青春譚、爽やかな感動作でした。私は我が家の二人の息子の名前に星の字を使用しています。またそれが、私のニックネームstarbroの由来にもなっています。 https://kadobun.jp/special/tsujimura-mizuki/kono-hoshi/ …続きを読む
    starbro
    2023年08月01日
    597人がナイス!しています
  • 中高生にとって夏休みは若さを謳歌する最高の日々なのに、新型コロナ禍で友人と集まって活動する大切な日常を奪われた苦痛は大きかったはずだ。学校に行けなかったり目標としていた大会が中止になるなどガマンを強い 中高生にとって夏休みは若さを謳歌する最高の日々なのに、新型コロナ禍で友人と集まって活動する大切な日常を奪われた苦痛は大きかったはずだ。学校に行けなかったり目標としていた大会が中止になるなどガマンを強いられた若者が、オンラインを通じて天体観測という目標のため今しかできない歓喜を掴もうと結集する。不自由だからこそ新しい道を探り、恋愛や別離を挟みながら本当に大切なものを見つけて成長していくドラマは、枯れたオジサンの心をも熱くしてくれる。文字通りド直球の青春群像小説であり、あの頃を経験した人すべてに読んでほしい。 …続きを読む
    パトラッシュ
    2023年07月17日
    583人がナイス!しています
  • 読み終わって「この物語は、あなたの宝物になる」という帯文を見る。青春時代が遥か昔の事になってしまった私にも、この物語は宝物になった。大人だってコロナによる様々な規制がある中で頑張ったんだよ、我慢したん 読み終わって「この物語は、あなたの宝物になる」という帯文を見る。青春時代が遥か昔の事になってしまった私にも、この物語は宝物になった。大人だってコロナによる様々な規制がある中で頑張ったんだよ、我慢したんだよ、なんて思っていたけれど、この物語の中高生達のように、規制がある中でも自分の好きを、やりたい事を、どうしたら実現できるかと考え行動した事があっただろうか。天文活動を通して全力で青春を取りに行く中高生達の姿に、私の方が教えられた。瑞々しく繊細な心理描写、心に刺さる言葉、そして温かみ。どんな時でも空はひとつ! …続きを読む
    風眠
    2023年07月30日
    547人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

辻村深月(つじむら・みづき)

1980年2月29日生まれ。千葉大学教育学部卒業。2004年『冷たい校舎の時は止まる』でメフィスト賞を受賞しデビュー。11年『ツナグ』で吉川英治文学新人賞、12年『鍵のない夢を見る』で直木三十五賞を受賞。18年には『かがみの孤城』で本屋大賞第1位に。主な著書に『凍りのくじら』『スロウハイツの神様』『ハケンアニメ!』『島はぼくらと』『朝が来る』『傲慢と善良』『琥珀の夏』『闇祓』『噓つきジェンガ』などがある。

この著者の商品

最近チェックした商品