角川文庫

きのうの影踏み

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041069929
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

きのうの影踏み

  • 著者 辻村 深月
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041069929

作品の幅を広げ進化し続ける作家。大切な人との絆を感じる傑作短篇

あるホラー作家のもとに送られてきた手紙には、存在しない架空の歌手とラジオ番組のことが延々と綴られていたという。編集者たちの集まりによると、チェーンメールのように、何人かの作家にも届いているという。かくいう私にもその手紙は届いていた。その手紙のことを調べるうちに、文面の後ろのほう、文字が乱れて読み取れなくなっていた部分が、徐々に鮮明になってきている……。ある日、友人作家が手紙のことで相談があると言ってきた。なんと、その手紙、サイン会で手渡しされたという。誰がその人物だったかはわからない。けれど、確実に近づいてきているーー。(「手紙の主」)。その交差点はよく交通事故が起こる。かつてそこで亡くなった娘の霊が、巻き添えにしていると、事故死した娘の母親は言っているという。その娘が好きだったという「M」の字の入ったカップがいつもお供えされていた。ある雨の日、そのおばさんがふらふらと横断歩道にさしかかり……。死が母娘を分かつとも、つながろうとする見えない深い縁を繊細な筆致で描く「七つのカップ」。闇の世界の扉を一度開けてしまったらもう、戻れない。辻村深月が描く、あなたの隣にもそっとそこにある、後戻りできない恐くて、優しい世界。
【解説:朝霧カフカ】

もくじ

十円参り
手紙の主
丘の上
殺したもの
スイッチ
私の町の占い師
やみあかご
だまだまマーク
マルとバツ
ナマハゲと私
タイムリミット
噂地図
七つのカップ


おすすめコメント

「怖い」という気持ちは誰もが持っている。そして「怖いものみたさ」という気持ちも、誰もが持っている。「怖いものみたさ」の分かる人は、今すぐこの短編集を開いてみるべきだ。
――朝霧カフカ(作家・漫画原作者)

怪談迷宮。
辻村深月さんの新刊『きのうの影踏み』は、そんな言葉がぴったりの短篇集だ。開けても開けても現れる恐怖の扉は、怖いけれどとても魅惑的で、あなたを虜にするだろう。
――門賀美央子(文筆家・書評家)

遠くに影踏みする子供たちを見ながら、どこか見知らぬ薄暮の町をさまよって、なんだか読んでいる自分も子供に還ったような、こわいけれどもなつかしい不思議な浮遊感がここにはある。静かな夜に、ひとりふわふわと13の短編を読み進めれば、恐怖の果ての至福が待っている。
――土方正志(編集者)

背筋が凍るとはこのことだ。読んでいながら何度もゾッとした。見てはならない、目には見えない何かがこの作品には満ちている。しかし、そうした不可視の存在の中に、この世の真実があるのかもしれない。
――内田剛(三省堂書店)

メディアミックス情報

NEWS

「きのうの影踏み」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 13編から成る短編集。ジワジワと怖さが増すようなホラー。どの話も先が気になってたまらない。特に面白かった『十円参り』一見仲良しな人の本心が見られやはり人間は怖いと感じ『手紙の主』は得体の知れないものの 13編から成る短編集。ジワジワと怖さが増すようなホラー。どの話も先が気になってたまらない。特に面白かった『十円参り』一見仲良しな人の本心が見られやはり人間は怖いと感じ『手紙の主』は得体の知れないものの目に見えない存在にゾッとする。『ころしたもの』は何だったのかと想像するとヒェ〜となる。『ナマハゲと私』は途中で結末が分かったものの怖かった。短編というよりもショートショートに近く読み易かった。 …続きを読む
    ゆのん
    2018年10月05日
    147人がナイス!しています
  • (;´༎ຶ۝༎ຶ`)こわい。すんごいこわい(;´༎ຶ۝༎ຶ`)こわいこわいこわいこわいこわい。辻村さんだし大丈夫とか思ってた自分をぶん殴りたい。2話目「手紙の主」で背筋がぞぞぞぞぞっとした。ホラーは○ (;´༎ຶ۝༎ຶ`)こわい。すんごいこわい(;´༎ຶ۝༎ຶ`)こわいこわいこわいこわいこわい。辻村さんだし大丈夫とか思ってた自分をぶん殴りたい。2話目「手紙の主」で背筋がぞぞぞぞぞっとした。ホラーは○○とか色々言ったけど一番大事なのは波長だった。なんかチャンネル合っちゃった(;´༎ຶ۝༎ຶ`)ザ・都市伝説から切ない系まで様々だけど、怖い話の怖さが鮮烈すぎてもうこの本にあんまり触れたくない。可愛い表紙が逆に怖いし、やみあかごも噂地図も怖いし、なにより変な手紙貰ったことあるの忘れてた事に気付いたのが一番怖い。 …続きを読む
    あも
    2018年09月19日
    100人がナイス!しています
  • 辻村深月さん24冊目の読了。冷たい缶ジュースを不意打ちで首に当てられたようなヒュッとする感覚。誰もが一度は経験しているはずだ。イタズラだと認識する間も無く笑って過ごせることだけれど、実際その刹那に感じ 辻村深月さん24冊目の読了。冷たい缶ジュースを不意打ちで首に当てられたようなヒュッとする感覚。誰もが一度は経験しているはずだ。イタズラだと認識する間も無く笑って過ごせることだけれど、実際その刹那に感じる恐怖は紛れもなく本物で身体は自然と硬直してしまう。つまり、突然、異常な感覚が五感を襲うこと程、怖いことはない。それこそが本作の強みだ。視覚、触覚、聴覚、あらゆる感覚から攻めてくる様々な恐怖に読者は対応できないだろう。個人的な良作は、どちらも10Pにも満たない掌編の『丘の上』と『殺したもの』だった。 …続きを読む
    Akihiko @ VL
    2019年01月30日
    97人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

「怖さ」を360度様々な角度から切り取ったような作品だった。あまりの怖さに本をそっと閉じ後ろを確認してはまた本を開き…を繰り返してビクビクしながら読み終えた。寝る前に読むことはおすすめしません。覚悟して読み始めてください。――ゆずれもみかん

びっくりするような怖さではなく、じわじわとくる怖さの方が怖いと思った。どのお話も、読みやすく、あっと言う間に読めるのだけど読後は背筋が寒くなった。辻村さんの仰る通り、主人公はその後どうなったのだろう。とても気になる。――たんちゃん

どの話もただ怖いというだけではなく、どこか現実味があり自分たちのすぐ隣にはこのような奇妙な出来事がひっそりとたたずんでいるのではないかと思う。恐ろしくもその後が気になる短編集です。――TEL

最近チェックした商品