きのうの影踏み

きのうの影踏み 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2018年08月24日
商品形態:
電子書籍

きのうの影踏み

  • 著者 辻村 深月
発売日:
2018年08月24日
商品形態:
電子書籍

作品の幅を広げ進化し続ける作家。大切な人との絆を感じる傑作短篇

あるホラー作家のもとに送られてきた手紙には、存在しない架空の歌手とラジオ番組のことが延々と綴られていたという。編集者たちの集まりによると、チェーンメールのように、何人かの作家にも届いているという。かくいう私にもその手紙は届いていた。その手紙のことを調べるうちに、文面の後ろのほう、文字が乱れて読み取れなくなっていた部分が、徐々に鮮明になってきている……。ある日、友人作家が手紙のことで相談があると言ってきた。なんと、その手紙、サイン会で手渡しされたという。誰がその人物だったかはわからない。けれど、確実に近づいてきているーー。(「手紙の主」)。その交差点はよく交通事故が起こる。かつてそこで亡くなった娘の霊が、巻き添えにしていると、事故死した娘の母親は言っているという。その娘が好きだったという「M」の字の入ったカップがいつもお供えされていた。ある雨の日、そのおばさんがふらふらと横断歩道にさしかかり……。死が母娘を分かつとも、つながろうとする見えない深い縁を繊細な筆致で描く「七つのカップ」。闇の世界の扉を一度開けてしまったらもう、戻れない。辻村深月が描く、あなたの隣にもそっとそこにある、後戻りできない恐くて、優しい世界。
【解説:朝霧カフカ】


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「きのうの影踏み」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 辻村さんのホラーと聞いて、興味津々で手に取った…13編の短編集で長くても30ページ程なので、サクッと読めた…実話系、都市伝説系、日常の恐怖系など微妙にテイストが変わって面白いから一気読みできたのだろう 辻村さんのホラーと聞いて、興味津々で手に取った…13編の短編集で長くても30ページ程なので、サクッと読めた…実話系、都市伝説系、日常の恐怖系など微妙にテイストが変わって面白いから一気読みできたのだろう。中でも『手紙の主』は似たような経験があるのでゾッとしたし、『だまだまマーク』は言葉の使い方の上手さに感心し、『ナマハゲと私』はイヤミス的な恐怖にニヤリ、『七つのカップ』で切なさ+優しさに唸らされた。突っ込みどころが多い作品もあり、ホラー好きには物足りないだろうが「流石の売れっ子作家だなぁ」と思わされた一冊。 …続きを読む
    しんたろー
    2019年09月09日
    200人がナイス!しています
  • 優しくておっとりとした文章で、エッセイのような小説。読み進むと、何気ない生活の一瞬の隙間から、ザワザワとした嫌な空気が流れてくる。振り向いたらじっと見つめている目を感じる。気が付かずに通り過ぎたら、普 優しくておっとりとした文章で、エッセイのような小説。読み進むと、何気ない生活の一瞬の隙間から、ザワザワとした嫌な空気が流れてくる。振り向いたらじっと見つめている目を感じる。気が付かずに通り過ぎたら、普通の日常が明日も続くが、気付いたら、恐怖で腰を抜かしてしまうかも。辻村深月氏の小説は初読みでした。 …続きを読む
    Junko
    2018年09月20日
    116人がナイス!しています
  • ホラーテイストの短編集。1話平均20ページくらいなので、空いた時間に程よく読めます。中でも幼稚園児の息子の口癖「だまだまマーク」が超怖かったです。他の友達は言わないのに、なぜ息子だけが?と懸念する中、 ホラーテイストの短編集。1話平均20ページくらいなので、空いた時間に程よく読めます。中でも幼稚園児の息子の口癖「だまだまマーク」が超怖かったです。他の友達は言わないのに、なぜ息子だけが?と懸念する中、母親が偶然その意味を知ってしまう。こ、怖すぎる。私だったらすぐにでも転園させますね。また「ナマハゲと私」は実際に起こりそうで怖い。ハロウィンとかでも時々ありますからね。オチに気付いた瞬間、もう一度読み返しましたよ。正直すべての話に恐怖を感じた訳ではありませんが、辻村先生の創造(想像)力に感服いたしました。 …続きを読む
    ポップノア
    2019年03月16日
    115人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品