闇祓

闇祓

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年10月29日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
416
ISBN:
9784041117316

闇祓

  • 著者 辻村 深月
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2021年10月29日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
416
ISBN:
9784041117316

あいつらが来ると、人が死ぬ。 辻村深月、初の本格ホラーミステリ長編!

「うちのクラスの転校生は何かがおかしい――」
クラスになじめない転校生・要に、親切に接する委員長・澪。
しかし、そんな彼女に要は不審な態度で迫る。
唐突に「今日、家に行っていい?」と尋ねたり、家の周りに出没したり……。
ヤバい行動を繰り返す要に恐怖を覚えた澪は憧れの先輩・神原に助けを求めるが――。
身近にある名前を持たない悪意が増殖し、迫ってくる。一気読みエンタテインメント!
「うちのクラスの転校生は何かがおかしい――」
クラスになじめない転校生・要に、親切に接する委員長・澪。
しかし、そんな彼女に要は不審な態度で迫る。
唐突に「今日、家に行っていい?」と尋ねたり、家の周りに出没したり……。
ヤバい行動を繰り返す要に恐怖を覚えた澪は憧れの先輩・神原に助けを求めるが――。
身近にある名前を持たない悪意が増殖し、迫ってくる。一気読みエンタテインメント!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一章 転校生
第二章 隣人
第三章 同僚
第四章 班長
最終章 家族
エピローグ

POP

特設サイト



カドブン記事一覧

【2023年07月18日】『近畿地方のある場所について』著者、背筋が選ぶ「今読むべきホラー&ミステリ」5選


プロモーションムービー

辻村深月初ホラーミステリ長編『闇祓』スペシャル動画

「闇祓」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 辻村 深月は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。 ホラー好きの著者が満を持して発表した初の本格ホラー、とても怖く堪能しました。「闇祓」というよりも、ダーク・モラハラ・ホラーと言った感じです。神原一 辻村 深月は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。 ホラー好きの著者が満を持して発表した初の本格ホラー、とても怖く堪能しました。「闇祓」というよりも、ダーク・モラハラ・ホラーと言った感じです。神原一家、恐るべし、続編もあるでしょうか? https://kadobun.jp/special/yami-hara/ …続きを読む
    starbro
    2021年11月15日
    866人がナイス!しています
  • あなたの周りの人達は大丈夫ですか?高校の先輩、同じ団地の住人。日常を描いた作品でありながら、得体の知れない何かが闇に巣食うその世界は章を追うごとに謎を深めていく。“奴ら”は絡みつく様に感情の奥深くからや あなたの周りの人達は大丈夫ですか?高校の先輩、同じ団地の住人。日常を描いた作品でありながら、得体の知れない何かが闇に巣食うその世界は章を追うごとに謎を深めていく。“奴ら”は絡みつく様に感情の奥深くからやってきて、全てを飲み込ながら人間関係を壊していく…。辻村先生の作品は初読でしたが、新感覚ホラーここにあり!と思える内容でした。現代に置けるハラスメントを随所に散りばめ、各章ごとに見せ方を変えながら、最終章ではしっかり伏線を回収してくれる。改めて問います。あなたの周りの人達は“闇”に取り込まれてはいませんか? …続きを読む
    ナルピーチ
    2021年10月23日
    828人がナイス!しています
  • 学校や団地、会社や家族などで普通に暮らす人の内面に棲む闇が残酷な素顔をさらす物語かと思いきや、神原家という形をとった恐怖がじわじわと侵してくる。悪意が人を操って次々と仲間を補充し、僅かな不協和音をきっ 学校や団地、会社や家族などで普通に暮らす人の内面に棲む闇が残酷な素顔をさらす物語かと思いきや、神原家という形をとった恐怖がじわじわと侵してくる。悪意が人を操って次々と仲間を補充し、僅かな不協和音をきっかけに犠牲者を増やし続ける有様は血や内臓をぶちまけるよりも恐ろしい。そんな闇ハラを振りまく家族が、どこにでもいる平凡さなのだから。彼らを祓う役目を負った少年との戦いは、否応なく新型コロナウイルスとワクチン接種のいたちごっこを連想する。偶然と自然とを問わず、人は常に外から侵略され続けているのだと警告するようだ。 …続きを読む
    パトラッシュ
    2021年12月01日
    821人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

写真:辻村 深月(つじむら みづき)

辻村 深月(つじむら みづき)

1980年山梨県生まれ。2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。11年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、12年『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞、18年『かがみの孤城』で第15回本屋大賞を受賞。『ふちなしのかがみ』『きのうの影踏み』『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。』『本日は大安なり』『オーダーメイド殺人クラブ』『嚙みあわない会話と、ある過去について』『傲慢と善良』『琥珀の夏』など著書多数。

この著者の商品

最近チェックした商品