きのうの影踏み

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年09月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041032077

きのうの影踏み

  • 著者 辻村 深月
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年09月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041032077

作品の幅を広げ進化し続ける作家の最新作は大切な人との絆を感じる傑作短篇

子どもの頃、流行っていたおまじないは、嫌いな人、消したい人の名前を書いた紙を十円玉と一緒に十日間続けて賽銭箱に投げ込むことだった。ある日、子どもたちは消えた子どもについて相談していて……(「十円参り」)。あるホラー作家が語る謎のファンレターの話を聞きぞっとした。私のところにも少し違う同じような怪しい手紙が届いていたからだ。その手紙の主を追及するうちに次々と怪しいことが連続し……(「手紙の主」)。出産のため里帰りしていた町で聞いた怪しい占い師の噂。ある日、スーパーで見知らぬ老女を見かけた瞬間、その人だと直感し……(「私の町の占い師」)。
怪談専門誌『Mei(冥)』に連載した作品ほか、書き下ろしを収録した全13篇。人気絶頂の著者が、最も思い入れあるテーマに腕をふるった、エンターテインメントが誕生しました。

もくじ

十円参り
手紙の主
丘の上
殺したもの
スイッチ
私の町の占い師
やみあかご
だまだまマーク
マルとバツ
ナマハゲと私
タイムリミット
噂地図
七つのカップ


おすすめコメント

「怖い」という気持ちは誰もが持っている。そして「怖いものみたさ」という気持ちも、誰もが持っている。「怖いものみたさ」の分かる人は、今すぐこの短編集を開いてみるべきだ。
――朝霧カフカ(作家・漫画原作者)

怪談迷宮。
辻村深月さんの新刊『きのうの影踏み』は、そんな言葉がぴったりの短篇集だ。開けても開けても現れる恐怖の扉は、怖いけれどとても魅惑的で、あなたを虜にするだろう。
――門賀美央子(文筆家・書評家)

遠くに影踏みする子供たちを見ながら、どこか見知らぬ薄暮の町をさまよって、なんだか読んでいる自分も子供に還ったような、こわいけれどもなつかしい不思議な浮遊感がここにはある。静かな夜に、ひとりふわふわと13の短編を読み進めれば、恐怖の果ての至福が待っている。
――土方正志(編集者)

背筋が凍るとはこのことだ。読んでいながら何度もゾッとした。見てはならない、目には見えない何かがこの作品には満ちている。しかし、そうした不可視の存在の中に、この世の真実があるのかもしれない。
――内田剛(三省堂書店)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「きのうの影踏み」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 辻村深月は新作中心にコンスタントに読んでいる作家です。表紙、イラストからホラーだとは思わず、読み始めましたが、私小説的ホラー短編集です。ホラー、ミステリ好きの著者が楽しんで書いているよう気がします。ど 辻村深月は新作中心にコンスタントに読んでいる作家です。表紙、イラストからホラーだとは思わず、読み始めましたが、私小説的ホラー短編集です。ホラー、ミステリ好きの著者が楽しんで書いているよう気がします。どの作品もじんわりと怖さが伝わって来ます。『十円参り』、『手紙の主』がオススメです。 …続きを読む
    starbro
    2015年12月22日
    688人がナイス!しています
  • 「本作は全くのフィクションではなく、現実と地続きの物語です。″身近な誰かの血の通った物語〟ということを大切にして書きました。」辻村深月が物語に込めた想い。この「想い」がまっすぐに私の中に入ってくる。時 「本作は全くのフィクションではなく、現実と地続きの物語です。″身近な誰かの血の通った物語〟ということを大切にして書きました。」辻村深月が物語に込めた想い。この「想い」がまっすぐに私の中に入ってくる。時に首の後ろから、時に胸の奥のほうから、そっと。全くのフィクションではないから、答えの無い結末にソワッとし、身近な誰かの血の通った物語だから切なくてジンとする。これはそんな短篇集だ。私たちが生きている今日は、もう亡くなってしまった誰かの昨日とつながっている。あの世とこの世の境界なんて、本当は無いのかもしれない。 …続きを読む
    風眠
    2016年05月21日
    536人がナイス!しています
  • 消したい人の名前を書き10円と一緒に賽銭箱へ、10枚入れると願いが叶う十円参り。白紙の紙に手書きの罫線、不思議な手紙の連鎖、その主の心。「だまだまマーク」数年に一度この謎の言葉をいう子が現れる、人がい 消したい人の名前を書き10円と一緒に賽銭箱へ、10枚入れると願いが叶う十円参り。白紙の紙に手書きの罫線、不思議な手紙の連鎖、その主の心。「だまだまマーク」数年に一度この謎の言葉をいう子が現れる、人がいつかない家とお寺の境内のの大木。ナマハゲを見たいという友人と美那子は帰省、「助けて」「ギャー」楽しそうな声がする。そのとき「今から行きますから」町内会長の電話、ナマハゲの手桶には・・。小学5年生のときブームになった噂地図、高校生になった真由美は再び噂地図を作るが・・噂の恐怖。日常生活に潜むドキッとする怪談集。 …続きを読む
    たっくん
    2015年12月01日
    526人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

「怖さ」を360度様々な角度から切り取ったような作品だった。あまりの怖さに本をそっと閉じ後ろを確認してはまた本を開き…を繰り返してビクビクしながら読み終えた。寝る前に読むことはおすすめしません。覚悟して読み始めてください。――ゆずれもみかん

びっくりするような怖さではなく、じわじわとくる怖さの方が怖いと思った。どのお話も、読みやすく、あっと言う間に読めるのだけど読後は背筋が寒くなった。辻村さんの仰る通り、主人公はその後どうなったのだろう。とても気になる。――たんちゃん

どの話もただ怖いというだけではなく、どこか現実味があり自分たちのすぐ隣にはこのような奇妙な出来事がひっそりとたたずんでいるのではないかと思う。恐ろしくもその後が気になる短編集です。――TEL

著者紹介

辻村 深月(つじむら・みづき)

1980年2月29日生まれ。千葉大学教育学部卒業。2004年に『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。11年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞受賞。12年『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞受賞。主な著書に『本日は大安なり』『ふちなしのかがみ』『ハケンアニメ!』『朝が来る』など多数。

最近チェックした商品