角川文庫

本日は大安なり

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041011829
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

本日は大安なり

  • 著者 辻村 深月
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041011829

結婚は、人生最高のエンターテインメント!

企みを胸に秘めた美人双子新婦、プランナーを困らせるクレーマー夫妻、新婦に重大な事実を告げられないまま、結婚式当日を迎えた新郎……。人気結婚式場の一日を舞台に人生の悲喜こもごもをすくい取る。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「本日は大安なり」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大安で吉日。何事も全て良い日に老舗ホテルで行われる4組の結婚式。同じ日の挙式でも、カップルやウェディングプランナーにはそれぞれ物語があり、それらが交差してゆく。良からぬことが起こりそうな出だし、この話 大安で吉日。何事も全て良い日に老舗ホテルで行われる4組の結婚式。同じ日の挙式でも、カップルやウェディングプランナーにはそれぞれ物語があり、それらが交差してゆく。良からぬことが起こりそうな出だし、この話どうやって落とすんだろうってドキドキもの。ラストはうまくハッピーに纏められ、流石。狐塚、恭司や(月ちゃん)の懐かしい登場、プロ意識もいい~。最高のエンターテインメント本。結婚式っていいな~。お金をかけて夢と想い出を手に入れる壮大な儀式。ややこしくて、勘弁して欲しい人、結構好きかも。映一キャラもいい~。 …続きを読む
    にいにい
    2015年10月07日
    397人がナイス!しています
  • ややこしい双子の姉妹と、その双子のさらに上をいってるクールな映一くんなどなど、ややこしい人たちがややこしいシチュエーションで、ややこしい行動を・・・。どうしても許せない優柔不断な浮気男を除いては、皆な ややこしい双子の姉妹と、その双子のさらに上をいってるクールな映一くんなどなど、ややこしい人たちがややこしいシチュエーションで、ややこしい行動を・・・。どうしても許せない優柔不断な浮気男を除いては、皆なぜか憎めない「いい人」たちの群像劇。面白かったです! …続きを読む
    nanako
    2017年08月11日
    375人がナイス!しています
  • ひゃっほー、結婚式って500万円以上もするんだ! すごぉーい!! <(^_^;  ラブラブな交際を経て、はたまた試練を乗り越えて一組の夫婦が誕生する結婚式 本日は大安吉日 晴れがましく・初々しく・神々 ひゃっほー、結婚式って500万円以上もするんだ! すごぉーい!! <(^_^;  ラブラブな交際を経て、はたまた試練を乗り越えて一組の夫婦が誕生する結婚式 本日は大安吉日 晴れがましく・初々しく・神々しく・厳かに執り行われる4組の結婚式の裏側には、企みあり・過去の確執と涙のサプライズあり・小さいナイトの騎士道あり・人生なめてるバカ男あり 辻村さん、とっても楽しめました これはもうコメディーですよぉ!!(笑) …続きを読む
    射手座の天使あきちゃん
    2014年02月08日
    348人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

人生最大のイベントである結婚式。これは高級結婚式場でのある大安の1日の出来事の物語である。4つの物語が交錯しつつ、進んでゆく。登場人物がその日の朝から分刻みで次々とあらわれることで、まるで自分が結婚式場の慌ただしさの只中に身を置いているような臨場感と、テンポの良さを感じて一気読みした。(はなこさん)

高級ホテルでの結婚式を舞台に、繰り広げられるドタバタ劇。主に4人の登場人物の語りによってストーリーが進まれますが、それぞれキャラクターが立っていて感情移入がしやすかったです。そして、それぞれのエピソードに心温まるオチがつけられていて、思わずにやけてしまいました。(シンさん)

騙されないぞ、と意気込んで読み進めました。完敗です。いい意味で裏切られました。最初は意気込んでいた私も途中から夢中になって読み進めてしまい、辻村ワールドに引き込まれていたのです。同じ会場で起こる様々な出来事が「結婚式のハレの日なのに」なんて思っていた私を裏切る結末は圧倒の一言でした。(くりあゆさん)

著者紹介

辻村 深月(つじむら・みづき)

1980年2月29日生まれ。千葉大学教育学部卒業。2004年に『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。
11年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞受賞。12年『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞受賞。主な著書に『本日は大安なり』『ふちなしのかがみ』『ハケンアニメ!』『朝が来る』など多数。

最近チェックした商品