愛蔵版〈古典部〉シリーズIII ふたりの距離の概算・いまさら翼といわれても

愛蔵版〈古典部〉シリーズIII ふたりの距離の概算・いまさら翼といわれても

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年03月26日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
400
ISBN:
9784041142875

愛蔵版〈古典部〉シリーズIII ふたりの距離の概算・いまさら翼といわれても

  • 著者 米澤 穂信
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年03月26日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
400
ISBN:
9784041142875

著者デビュー20周年企画第3弾。青春ミステリの金字塔シリーズが愛蔵版に

〈古典部〉シリーズ第5作『ふたりの距離の概算』と第6作『いまさら翼といわれても』を合本し、函入り単行本に。 最新短編「虎と蟹」「三つの秘密」も収録したファン必携の1冊。 〈古典部〉シリーズ第5作『ふたりの距離の概算』と第6作『いまさら翼といわれても』を合本し、函入り単行本に。 最新短編「虎と蟹」「三つの秘密」も収録したファン必携の1冊。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

・ふたりの距離の概算
・いまさら翼といわれても
・三つの秘密、あるいは星ヶ谷杯準備滞ってるんだけど何かあったの会議
・虎と蟹、あるいは折木奉太郎の殺人
・巻末付録

「愛蔵版〈古典部〉シリーズIII ふたりの距離の概算・いまさら翼といわれても」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ●白函入りの濃青色の書籍には、英訳表題が金字で刻まれ、カバーには「そして、ミステリは続く。」と記される。商売上手な煽り文句だ。●長編「ふたりの距離の概算」について、一見明るく楽しげな日常に潜む疑心と不信 ●白函入りの濃青色の書籍には、英訳表題が金字で刻まれ、カバーには「そして、ミステリは続く。」と記される。商売上手な煽り文句だ。●長編「ふたりの距離の概算」について、一見明るく楽しげな日常に潜む疑心と不信の増幅に心揺さぶられる。●短編集「いまさら翼といわれても」では、「長い休日」で明かされた主人公折木奉太郎の決まり文句の謎や、表題作の最高過ぎる引きに眩暈すらする。●更に特別収録の2編では、読感の書き方や会議の取り回し方を学ぶ。面白くてためになった。  …続きを読む
    カピバラKS
    2024年05月01日
    47人がナイス!しています
  • ふたりの距離の概算、いまさら翼と言われても、他収録作品全てが眩しくて、堪らない。古典部メンバー、それぞれが変わっていく様子があって、それは苦味も含んでいるから目が離せない。完結まで死ぬに死ねない気持ち ふたりの距離の概算、いまさら翼と言われても、他収録作品全てが眩しくて、堪らない。古典部メンバー、それぞれが変わっていく様子があって、それは苦味も含んでいるから目が離せない。完結まで死ぬに死ねない気持ちになりました。 …続きを読む
    ツバサ
    2024年03月28日
    13人がナイス!しています
  • 文庫本未収録作を拝読 そしてエッセイ それからの五冊を読むと古典部シリーズは終わったしまった印象を受け少し寂しくなりました。 文庫本未収録作を拝読 そしてエッセイ それからの五冊を読むと古典部シリーズは終わったしまった印象を受け少し寂しくなりました。
    カッパ
    2024年05月12日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品