ぼっけえ、きょうてえ

第6回 日本ホラー小説大賞/2000年 第13回 山本周五郎賞

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1999年10月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784048731942
ニコカド祭り2020

第6回 日本ホラー小説大賞/2000年 第13回 山本周五郎賞

ぼっけえ、きょうてえ

  • 著者 岩井 志麻子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1999年10月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784048731942

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ぼっけえ、きょうてえ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 岡山地方の方言で「とても、怖い」という意味のタイトル。4篇の短編はどれも分かりやすくぞっとするような怖さというよりも、どこかねっとりと纏わりつくような不気味さを感じる。それはどれもこれも人間の業という 岡山地方の方言で「とても、怖い」という意味のタイトル。4篇の短編はどれも分かりやすくぞっとするような怖さというよりも、どこかねっとりと纏わりつくような不気味さを感じる。それはどれもこれも人間の業というものを感じさせるからだろうか。狭く、閉鎖的な社会の仄暗さに、その土地の言葉が生々しさを加えていて、何とも言えない雰囲気に仕上がっていると思う。ああ、人間という存在は、なんて愚かで哀しい生き物なんだろう。求めていた怖さとはちょっと違ったたけれど、どの作品も面白かった。特に「密告函」と「あまぞわい」がお気に入り。 …続きを読む
    2020年08月17日
    63人がナイス!しています
  • 【山本周五郎賞・日本ホラー小説大賞作品】不気味すぎる表紙、そして四作ともホラー小説大賞にふさわしい、恐ろしさ満点。読解力が足りないせいか、表題作はよくわからぬまま終わってしまったが、次の「密告函」は心 【山本周五郎賞・日本ホラー小説大賞作品】不気味すぎる表紙、そして四作ともホラー小説大賞にふさわしい、恐ろしさ満点。読解力が足りないせいか、表題作はよくわからぬまま終わってしまったが、次の「密告函」は心底ぞっとした。 …続きを読む
    おいしゃん
    2015年01月02日
    62人がナイス!しています
  • 『ぼっけえ、きょうてえ』、岡山の方言で『とても、怖い』。時は明治、貧しく閉ざされた集落では、人々は食に飢え、性に飢え、それゆえに引き起こされる村八分、赤子の間引き、伝染病、近親相姦、そして闇の中では怨 『ぼっけえ、きょうてえ』、岡山の方言で『とても、怖い』。時は明治、貧しく閉ざされた集落では、人々は食に飢え、性に飢え、それゆえに引き起こされる村八分、赤子の間引き、伝染病、近親相姦、そして闇の中では怨念がうごめく…。ここには神も仏も存在しないのか。生きていくための人間の業、貧困社会ゆえの惨劇がおぞましく、そして哀しい…。 …続きを読む
    Mina
    2014年10月06日
    48人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品