煉獄蝶々

煉獄蝶々

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年07月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784041128336

煉獄蝶々

  • 著者 岩井 志麻子
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2022年07月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784041128336

忌まわしき蝶が乱れ舞う、灼熱無惨浪漫紀行。

明治三十八年、岡山。名家・大鹿家に拾われた一人の赤子。保和と名付けられた彼は、大鹿の養子として乳母の春に育てられることに。春の語る残酷な怪異譚を聞きながら、愛憎渦巻く名家で青年となった彼は、この世ならざるものを感じることができた。昭和三年、失踪していた文学の師で放蕩者の作家・金光から保和に帳面が届く。そこには、自ら殺し、そして蘇らせた妻とのおぞましくも妖しい旅行記がつづられていた。金光の記録に魅せられ、読みこんでいくうちに精神を浸食される保和。日常さえも次第に歪められていく中、彼はことの真相を確かめるべく、金光夫妻が逗留しているという新嘉坡へ向かう。 明治三十八年、岡山。名家・大鹿家に拾われた一人の赤子。保和と名付けられた彼は、大鹿の養子として乳母の春に育てられることに。春の語る残酷な怪異譚を聞きながら、愛憎渦巻く名家で青年となった彼は、この世ならざるものを感じることができた。昭和三年、失踪していた文学の師で放蕩者の作家・金光から保和に帳面が届く。そこには、自ら殺し、そして蘇らせた妻とのおぞましくも妖しい旅行記がつづられていた。金光の記録に魅せられ、読みこんでいくうちに精神を浸食される保和。日常さえも次第に歪められていく中、彼はことの真相を確かめるべく、金光夫妻が逗留しているという新嘉坡へ向かう。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「煉獄蝶々」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 岩井 志麻子は、新作中心に読んでいる作家です。久々の著者の新作は、著者らしい岡山が舞台のエログロな幻想譚でした。若い頃に比べると少しインパクトに欠ける気がします。 https://www.kadokawa.co.jp/topics/8129 岩井 志麻子は、新作中心に読んでいる作家です。久々の著者の新作は、著者らしい岡山が舞台のエログロな幻想譚でした。若い頃に比べると少しインパクトに欠ける気がします。 https://www.kadokawa.co.jp/topics/8129 【読メエロ部】 …続きを読む
    starbro
    2022年09月03日
    195人がナイス!しています
  • 岩井志麻子という作家、岡山を舞台におぞましく不思議な世界を作り上げて読み手をゾワリとさせながらその世界に引き込んでいく。それは大好き!しかし、本作はそのゾワリ感がない、不思議な世界は志麻子さんの中にの 岩井志麻子という作家、岡山を舞台におぞましく不思議な世界を作り上げて読み手をゾワリとさせながらその世界に引き込んでいく。それは大好き!しかし、本作はそのゾワリ感がない、不思議な世界は志麻子さんの中にのみあって読み手を引き込んでくれない。と、全てを否認するわけではなく、冒頭からの前編はこれはどこに向かう?期待感大。だが、失踪した作家・金光の手紙部分から夢なのか、現なのか、その間に置かれて面白いという感覚が薄れていく。夢と現を彷徨う感覚は確かに志麻子さんなのだが…。次作に期待しよう。 …続きを読む
    タイ子
    2022年08月24日
    87人がナイス!しています
  • 図書館の新刊コーナーで見つけて。冒頭の血生臭くおどろおどろしい雰囲気に惹かれたが、その後の展開は、主人公から作家や女中の話に移行し、なんともまとまりない印象。岡山では、可哀想と可愛いが同義だというのは 図書館の新刊コーナーで見つけて。冒頭の血生臭くおどろおどろしい雰囲気に惹かれたが、その後の展開は、主人公から作家や女中の話に移行し、なんともまとまりない印象。岡山では、可哀想と可愛いが同義だというのは初めて知った。 …続きを読む
    keroppi
    2022年09月11日
    78人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品