試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784044094652

春風夏雨

  • 著者 岡 潔
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784044094652

天才的数学者にして、無二の思想家・岡潔。幻の名著が待望の復刊!

「生命というのは、ひっきょうメロディーにほかならない。日本ふうにいえば“しらべ”なのである」科学から芸術や学問まで、岡の縦横無尽な思考の豊かさを堪能できる幻の名著。待望の復刊!解説:茂木健一郎


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「春風夏雨」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 数学と教育、仏教や正法眼蔵、音楽や絵画など関連させながら語られる深いエッセイ。心が調律されていくよう。岡潔さんはおそらく深い瞑想状態か「悟り」のような状態で数学や物事に取り組んでいたと思われる。 日本 数学と教育、仏教や正法眼蔵、音楽や絵画など関連させながら語られる深いエッセイ。心が調律されていくよう。岡潔さんはおそらく深い瞑想状態か「悟り」のような状態で数学や物事に取り組んでいたと思われる。 日本国憲法の前文を小我観の例として荒唐無稽だと評している。 小我とは、無明という本能の所産、自己本位のセンスが主人公になっている。小我を自分と思うのは迷いであり、真我を自分と知るのが悟りである。 内側は高潔さに彩られてどこか静かな暖かさがある岡潔さん。再読して理解を深めたい。 …続きを読む
    Kikuyo
    2017年04月09日
    34人がナイス!しています
  • 難解だけれど物事の考え方や価値の捉え方がとても多角的で鋭い感性で人や自然や自己や情緒といったものを描かれていて刺激を受ける。一見反対の次元に位置すると思われがちな数学、科学と仏教とが岡さんの思想の中で 難解だけれど物事の考え方や価値の捉え方がとても多角的で鋭い感性で人や自然や自己や情緒といったものを描かれていて刺激を受ける。一見反対の次元に位置すると思われがちな数学、科学と仏教とが岡さんの思想の中では細やかに繋がっている。何度も読んでいくうちに理解が深まっていく作品。 …続きを読む
    まきこ.M
    2018年01月12日
    26人がナイス!しています
  • 岡潔の思想の中心には仏教があるが、この本の中で一番影響を受けたのは「自分が実在すると信じると、いっさいが物質で説明がつくように思う。」という一文。つまり自分とは自分の肉体とその機能と思ってしまうのだと 岡潔の思想の中心には仏教があるが、この本の中で一番影響を受けたのは「自分が実在すると信じると、いっさいが物質で説明がつくように思う。」という一文。つまり自分とは自分の肉体とその機能と思ってしまうのだとある。西洋の考え方からすると自分とは小我であり、つまりエゴだが、仏教からいうと小我を自分と思うのは迷いであり、自分とは真我と気づくのが悟りなのだという。小我を自分とするから煩悩が生じるらしい。とすると私が自分と信じている個性とはエゴでしかなく”自分さがし”の自分とはどこにもないということだ。 …続きを読む
    さっちゃん
    2016年04月08日
    14人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品