春風夏雨 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年06月12日
商品形態:
電子書籍

春風夏雨

  • 著者 岡 潔
発売日:
2014年06月12日
商品形態:
電子書籍

天才的数学者にして、無二の思想家・岡潔。幻の名著が待望の復刊!

「生命というのは、ひっきょうメロディーにほかならない。日本ふうにいえば“しらべ”なのである」科学から芸術や学問まで、岡の縦横無尽な思考の豊かさを堪能できる幻の名著。待望の復刊!解説:茂木健一郎

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「春風夏雨」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 数学と教育、仏教や正法眼蔵、音楽や絵画など関連させながら語られる深いエッセイ。心が調律されていくよう。岡潔さんはおそらく深い瞑想状態か「悟り」のような状態で数学や物事に取り組んでいたと思われる。 日本 数学と教育、仏教や正法眼蔵、音楽や絵画など関連させながら語られる深いエッセイ。心が調律されていくよう。岡潔さんはおそらく深い瞑想状態か「悟り」のような状態で数学や物事に取り組んでいたと思われる。 日本国憲法の前文を小我観の例として荒唐無稽だと評している。 小我とは、無明という本能の所産、自己本位のセンスが主人公になっている。小我を自分と思うのは迷いであり、真我を自分と知るのが悟りである。 内側は高潔さに彩られてどこか静かな暖かさがある岡潔さん。再読して理解を深めたい。 …続きを読む
    Kikuyo
    2017年04月09日
    34人がナイス!しています
  • 難解だけれど物事の考え方や価値の捉え方がとても多角的で鋭い感性で人や自然や自己や情緒といったものを描かれていて刺激を受ける。一見反対の次元に位置すると思われがちな数学、科学と仏教とが岡さんの思想の中で 難解だけれど物事の考え方や価値の捉え方がとても多角的で鋭い感性で人や自然や自己や情緒といったものを描かれていて刺激を受ける。一見反対の次元に位置すると思われがちな数学、科学と仏教とが岡さんの思想の中では細やかに繋がっている。何度も読んでいくうちに理解が深まっていく作品。 …続きを読む
    まきこ.M
    2018年01月12日
    26人がナイス!しています
  • 『春宵十話』『紫の火花』に続く岡潔氏の随筆。氏は物質観の対義語として生命観を主張する。生命はメロディーであるという。メロディーとは瞬間的な一点では意味をなさずに、連なり・繋がりによってはじめて意味をな 『春宵十話』『紫の火花』に続く岡潔氏の随筆。氏は物質観の対義語として生命観を主張する。生命はメロディーであるという。メロディーとは瞬間的な一点では意味をなさずに、連なり・繋がりによってはじめて意味をなす。春の穏やかな風、夏の篠突くような雨。それもまた連なり・繋がりよって理解されるものである。或いは、日本の原像や面影でもある。また本能=無明は心を濁らせるので、これを抑止する事で、小我を離れ真我に至る事を何度も説く。本書で60年後を憂えているが、55年後の今、無明が世を覆い尽くしている気がしてならない。 …続きを読む
    春風
    2020年06月29日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品