僕たちは歩かない

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年11月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
112
ISBN:
9784048737357

僕たちは歩かない

  • 著者 古川 日出男
  • デザイン 片岡 忠彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年11月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
112
ISBN:
9784048737357

三島賞作家が贈る、雪の夜のちいさな物語。

「僕たちは歩かない。その終電に乗ったら、歩かない。」 雪の夜、東京で、レストランで、山手線で。やわらかな緊張感に包まれながら、僕たちは時間のひずみにはいってゆく。一夜の奇跡の物語を、挿絵入りで。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「僕たちは歩かない」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ふわっと日出男。装丁も素敵。挿絵も入ったりして尖ってない。じゃあ良いのかというと微妙だけども、好きかどうかでいえばこういう本は大好きだ(笑)。26時間の東京。その余分な2時間は、どこにある?61分で2 ふわっと日出男。装丁も素敵。挿絵も入ったりして尖ってない。じゃあ良いのかというと微妙だけども、好きかどうかでいえばこういう本は大好きだ(笑)。26時間の東京。その余分な2時間は、どこにある?61分で29駅を一周する山手線がプラス何分って少し手間取った時に、視界の隅に信号機が赤のあとに黄色って不審な行動をとったのが見えた時に。その秘密の瞬間は現れる。もう1つの東京。もう2つ3つある東京。仲間を救いに、仲間に会いに、僕たちは地面の下に。でも着くまでは、歩いちゃいけない。野心はどこにある?生きている、ここに。 …続きを読む
    さっとる◎
    2017年05月05日
    35人がナイス!しています
  • 読んだけれど、読んだと言うだけで終わってしまった。読んだ方の感想からこの本は読むのに適した季節があるのかもしれませんね。蒸し暑い時期で失敗したかも。 読んだけれど、読んだと言うだけで終わってしまった。読んだ方の感想からこの本は読むのに適した季節があるのかもしれませんね。蒸し暑い時期で失敗したかも。
    れんこ
    2015年07月03日
    18人がナイス!しています
  • 料理人をめざして修行中の若者たちは、それぞれのきっかけでパラレルワールドに迷いこむ。そこは1日が26時間ある世界で、滞在制限時間は2時間、そんな場所で出会った若者たちは得られた2時間で修行に励む。奇妙 料理人をめざして修行中の若者たちは、それぞれのきっかけでパラレルワールドに迷いこむ。そこは1日が26時間ある世界で、滞在制限時間は2時間、そんな場所で出会った若者たちは得られた2時間で修行に励む。奇妙な設定はともかく、夢を追ってがんばる若者たちがまぶしいし、同じ志をもつ若者が仲間意識を抱くのもわかるけれど、若いからこそもっと広い視野をもってほしいな。「ほんとうに満ち足りて、じゅうぶんなの」と言うホリミナは、悔いる自分をそんな言葉で納得させようとしているように見えてしまう。 (★★☆☆☆) …続きを読む
    yamakujira
    2017年11月12日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品