僕たちは歩かない

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
114
ISBN:
9784043636068

僕たちは歩かない

  • 著者 古川 日出男
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
114
ISBN:
9784043636068

22時22分22秒、終電は僕たちを乗せ、走り出す。

この東京には、26時間ある! 僕たちだけが、人より2時間多い世界に生きている。秘密を知る画家は、教えてくれた。死者はその2時間の中に生き返る。雪の夜、僕たちは冥界に向かって旅立った――。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「僕たちは歩かない」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 同じレストラン厨房で働く仲間達。彼らは、別の裏側の26時間制の東京を発見。クリスマスイブにこの仕組み(冥界世界)を知る画家よりそこへの行き方を聞かされる。交通事故で死んだホリミナに会いに行くために。た 同じレストラン厨房で働く仲間達。彼らは、別の裏側の26時間制の東京を発見。クリスマスイブにこの仕組み(冥界世界)を知る画家よりそこへの行き方を聞かされる。交通事故で死んだホリミナに会いに行くために。ただし冥界に落ちないために地面に足をつけてはいけない決まりがあった。時間の狭間に潜入するSFチックな流れであるが、力強いメルヘンチックな人間模様が漂うウォームストーリーであった。特殊な環境で育まれた強固な仲間意識が美しく読んでいて自分が異次元世界に引き込まれた。雪の描写と独特の余韻が心地よく冬に読めて良かった。 …続きを読む
    テディ
    2015年12月05日
    45人がナイス!しています
  • 何もかもが独特。”何を”とは限定出来ない。何もかもが独特。「26時間制の東京」の同じ厨房で料理を作る僕たちの物語。個人的に、最近やっと東京に結構な頻度で赴く様になったので、必然的に電車、特に山手線なん 何もかもが独特。”何を”とは限定出来ない。何もかもが独特。「26時間制の東京」の同じ厨房で料理を作る僕たちの物語。個人的に、最近やっと東京に結構な頻度で赴く様になったので、必然的に電車、特に山手線なんかはよく乗る様になって、だから61分で一周するだとか29駅あるだとかは勉強になった。ただの一般常識なんだろうけれど。でもその知識を小説で、しかも特にこの小説で得た自分はなんて幸せなんだろう。これからちょっとでも東京に対してこの小説の登場人物達の様な目線で見てしまうのは否めないけれど、でも素敵なことだとも思う。 …続きを読む
    みりあ
    2013年08月26日
    45人がナイス!しています
  • 僕たちは移ろっている。東京の。東京の雪の。東京の雪の終電で。つまり、使命を与えられている。誰に?誰かに。しかし、自分で、自分に。いいか。声に出さずに僕たちは確認する。確かめあう。通じあっていると感じる 僕たちは移ろっている。東京の。東京の雪の。東京の雪の終電で。つまり、使命を与えられている。誰に?誰かに。しかし、自分で、自分に。いいか。声に出さずに僕たちは確認する。確かめあう。通じあっていると感じる。想像するんだ。ひとりひとりが心で呟く。だから、あらゆる場面にそなえて。消えてしまうかもしれない。誰かが言った。そうかもしれない。じゃあ、やめるか?誰かが言った。僕たちは全員で首を振った。迷いはない。進むことに。進んだらもう元には戻れないかもしれないことに。真っ白な廃墟へ向かって。つまり、救うんだ。僕たちは。 …続きを読む
    ちぇけら
    2019年10月06日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品