社畜が異世界に飛ばされたと思ったらホワイト企業だった 7

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年06月27日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
130
ISBN:
9784049144789

社畜が異世界に飛ばされたと思ったらホワイト企業だった 7

  • 原作 結城 鹿介
  • 作画 髭乃 慎士
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年06月27日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
130
ISBN:
9784049144789

ヤクザ(?)課長いわく……有休も上司も使えるだけ使え!!!

営業二課の悪野課長が恐怖政治を敷いていると誤解し、怯える社畜(かすみ)。そんなコワモテ課長の知られざる過去が少しずつ明らかになっていく……。その意外な素顔にかすみは気付けるのか!? 部下を想い、社内改革の先陣を切る上司たちの"白さ"に、かすみの絶叫は7巻でも止まらない!!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「社畜が異世界に飛ばされたと思ったらホワイト企業だった 7」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 良い上司がいっぱいいるホワイト製作所は本当に良い会社なんだな〜と思います‼︎ 良い上司にも色々なタイプがいるんだな〜と思いますが、私は白井課長みたいな穏やかなタイプの上司が良いですね! 良い上司がいっぱいいるホワイト製作所は本当に良い会社なんだな〜と思います‼︎ 良い上司にも色々なタイプがいるんだな〜と思いますが、私は白井課長みたいな穏やかなタイプの上司が良いですね!
    すー
    2022年07月02日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品