社畜が異世界に飛ばされたと思ったらホワイト企業だった 5

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年04月26日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
130
ISBN:
9784049137606

社畜が異世界に飛ばされたと思ったらホワイト企業だった 5

  • 原作 結城 鹿介
  • 作画 髭乃 慎士
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年04月26日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
130
ISBN:
9784049137606

そもそもお仕事に「やりがい」って必要? 電ツマの大人気社畜コメディ!

社会人は社会の構成要素であり、仕事に責任を持つのは必然。
そう信じて疑わないかすみは、プライベートのために割り切って
仕事をしているという同僚の価値観に困惑して――。

仕事って好きとか嫌いでやるもの? かすみの精神は今日もまた試される!!
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「社畜が異世界に飛ばされたと思ったらホワイト企業だった 5」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 何のために仕事をするのかを考えさせられる巻でした!私は仕事は仕事って割り切っているタイプかな〜 何のために仕事をするのかを考えさせられる巻でした!私は仕事は仕事って割り切っているタイプかな〜
    すー
    2021年05月09日
    4人がナイス!しています
  • 私が忘れていただけかもしれませんが、主人公の家族が本格的に登場しました。それにしても主人公の両親も弟も全員がブラック勤務で、家で年越しをするのは主人公だけとは。昨今のブラックバイト事情も垣間見える惨状 私が忘れていただけかもしれませんが、主人公の家族が本格的に登場しました。それにしても主人公の両親も弟も全員がブラック勤務で、家で年越しをするのは主人公だけとは。昨今のブラックバイト事情も垣間見える惨状に、思わず涙が溢れそうになりました。そして、こんな状況では、主人公がブラック勤務を当然視するのも当たり前だな、とそんなことまで考えました。そして、仕事に対する考え方とかまで出てきます。5巻まで出たら、流石にネタ切れ気味になるのでは、と思っていましたが、まだ続きそうです。何だか今の日本の陰が見える気さえします …続きを読む
    山家
    2021年07月10日
    4人がナイス!しています
  • パンデミックは始まらないのか パンデミックは始まらないのか
    ajitako
    2021年06月08日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品