ビジネス教養としてのアート 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年10月16日
商品形態:
電子書籍

ビジネス教養としてのアート

  • 著者 造事務所
  • 監修 岡田 温司
発売日:
2020年10月16日
商品形態:
電子書籍

なぜバンクシ―は売れるのか? ビジネスの必須教養となったアートの基本50

なぜビジネスパーソンがアートを学ぶのか? 
その理由は、ITが急発展したり、AIなどの技術イノベーションが起きる現在のビジネス環境では、
数字やロジックによる「正解を導く」手法は使えないからだ。
そこではロジックより「答えを創造する力=アートの完成」が必要になる。しかし、アートをどう学べば良いのだろうか?
そこで本書はアートを経済、歴史、思想、社会、テクノロジー、といった切り口から解説することで、「アートの見方」「感性を言語化する」「歴史背景」「マーケット価値」などが理解できるように構成。
もちろん「技法」などの解説もあり、アートをより深く楽しむこともできる、基本書となる1冊

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ビジネス教養としてのアート」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ビジネス教養としてのアート、読了。 モノに対する付加価値がどの様にしてつけられるのか?が学べばそうな面白いタイトルだったので、読んだらかなり酷い内容でした。 まず、情報量の圧倒的な少なさ… LINEニ ビジネス教養としてのアート、読了。 モノに対する付加価値がどの様にしてつけられるのか?が学べばそうな面白いタイトルだったので、読んだらかなり酷い内容でした。 まず、情報量の圧倒的な少なさ… LINEニュースみたいなレベルでした。 あとはビジネス教養としてのというタイトルに対して中身の大半がアートとは?についての言及なので、志向が全く違うと言っていいでしょうな。 唯一面白かったのは美術オークションに関する記述は面白かったけど、やはり、え?それで?と物足りない内容でした。 …続きを読む
    乱歩太郎
    2020年11月30日
    4人がナイス!しています
  • トリエントナーレ(3年に一度のアート祭)日本では、岡山市の福式書店によるアートを通じた地域おこし、新潟の越後妻有アートトリエントナーレがあった。これが瀬戸内国際芸術祭に発展した(瀬戸芸)→船で瀬戸内海 トリエントナーレ(3年に一度のアート祭)日本では、岡山市の福式書店によるアートを通じた地域おこし、新潟の越後妻有アートトリエントナーレがあった。これが瀬戸内国際芸術祭に発展した(瀬戸芸)→船で瀬戸内海の島々をめぐり廃校の作品をみる。(2019年 118万人)あいちトリエントナーレ(愛知2010)➀世界のアーティスト参加②世界の観客が参加③世界的なテーマ(ヨーロッパの移民問題)などを取り扱う。建築(螺旋化構造)➀サクラダファミリア(スペイン内部のらせん構造)②フランク・ロイド・ライト(フランス) …続きを読む
    samurai
    2020年12月30日
    2人がナイス!しています
  • 査定と値づけの謎:アートの価値→エディション・価値システム 貨幣と絵画の成り立ち:似ている 高級ブランドが大聖堂の復興に資金:存在そのものが歴史 変化の激しい時代に必要なアート・スピリット 工—ゲ海周 査定と値づけの謎:アートの価値→エディション・価値システム 貨幣と絵画の成り立ち:似ている 高級ブランドが大聖堂の復興に資金:存在そのものが歴史 変化の激しい時代に必要なアート・スピリット 工—ゲ海周辺で育まれた西洋美術の原点:半島と島々の特殊な風土 産業革命とアーツ・アンド・クラフツ運動 退廃芸術と呼ばれた近代美術 社会問題の解決手法:ストリート・アート 既存の価値観を問うダダイズムと前衛芸術 海外で評価される禅の精神と水墨画 思考そのものが芸術:コンセプチュアル・アート AIの進化はアートを変えるか …続きを読む
    Go Extreme
    2020年12月05日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品