ビジネス教養としてのアート

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコカド祭り2020
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年10月16日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784046043481
ニコカド祭り2020

ビジネス教養としてのアート

  • 著者 造事務所
  • 監修 岡田 温司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年10月16日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784046043481

なぜバンクシ―は売れるのか?ビジネスの必須教養となったアートの基本50

なぜビジネスパーソンがアートを学ぶのか? 
その理由は、ITが急発展したり、AIなどの技術イノベーションが起きる現在のビジネス環境では、
数字やロジックによる「正解を導く」手法は使えないからだ。
そこではロジックより「答えを創造する力=アートの完成」が必要になる。しかし、アートをどう学べば良いのだろうか?
そこで本書はアートを経済、歴史、思想、社会、テクノロジー、といった切り口から解説することで、「アートの見方」「感性を言語化する」「歴史背景」「マーケット価値」などが理解できるように構成。
もちろん「技法」などの解説もあり、アートをより深く楽しむこともできる、基本書となる1冊

もくじ

第1章 アート×経済
第2章 アート×歴史
第3章 アート×思想
第4章 アート×社会
第5章 アート×テクノロジー
第6章 アート×技法

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ビジネス教養としてのアート」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ビジネスとアートの結びつきについて書かれている部分が少なく、基本的にはアートについての説明が多かった ビジネスとアートの結びつきについて書かれている部分が少なく、基本的にはアートについての説明が多かった
    koto
    2020年11月29日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品