神隠し・隠れ里 柳田国男傑作選

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784044083236

神隠し・隠れ里 柳田国男傑作選

  • 著者 柳田 国男
  • 編者 大塚 英志
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784044083236

神隠しに人々が託した思いとは

自らを神隠しに遭いやすい気質と定義したロマン主義者であり、一方で、社会を冷徹に見通し、たとえば普通選挙の実現を目指すなど変革者でもあった柳田。30もの論考から、その双極性を見通すアンソロジー。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「神隠し・隠れ里 柳田国男傑作選」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 柳田の膨大な著作の中から神隠しや隠れ里に関する論考を選んだアンソロジー。ただこのテーマと編者の意図するロマンスと社会学の二面性という双方を選んでいるせいか、全体的にまとまりに欠けているような印象を受け 柳田の膨大な著作の中から神隠しや隠れ里に関する論考を選んだアンソロジー。ただこのテーマと編者の意図するロマンスと社会学の二面性という双方を選んでいるせいか、全体的にまとまりに欠けているような印象を受けた。ただそれ故か、かえってあまり目にする機会のない話が多数含まれているのはありがたい。今まであまりにも有名だが読む機会のなかった「故郷七十年」中の布川の絵馬の話や神戸のおばさん、青空に星を見た話や「甲賀三郎の話」における説話と語りの伝播、耳たぶに穴のある話等、小さい論考まで隅々まで興味深い論考ばかりであった。 …続きを読む
    HANA
    2014年12月04日
    49人がナイス!しています
  • あまり面白い本ではない。神隠しは、子供が連絡もとらずに何年も帰って来なかったことをいってると思う。それはさておき、柳田国男は、会津周辺で隠れ里を発見したことがあるようだ。神仙郷で、白髪の老人がいたとい あまり面白い本ではない。神隠しは、子供が連絡もとらずに何年も帰って来なかったことをいってると思う。それはさておき、柳田国男は、会津周辺で隠れ里を発見したことがあるようだ。神仙郷で、白髪の老人がいたという。 …続きを読む
    記憶喪失した男
    2019年05月18日
    8人がナイス!しています
  • 田山花袋『一つの空想』(ネタバレ柳田モノで偽史モノ)、水野葉舟『北国の人』(佐々木喜善もの) 田山花袋『一つの空想』(ネタバレ柳田モノで偽史モノ)、水野葉舟『北国の人』(佐々木喜善もの)
    iwasabi47
    2020年08月31日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品