試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784044083144

海南小記

  • 著者 柳田 国男
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784044083144

柳田国男南島研究の原点

大正9年、柳田は九州から沖縄諸島を巡り歩く。日本民俗学における沖縄の重要性、日本文化論における南島研究の意義をはじめて明らかにし、最晩年の名著『海上の道』へと続く思索の端緒となった紀行文。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「海南小記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 沖縄旅行記と南島に関する論文を収録。後年語られる沖縄の宗教についてはあまり触れられておらず、伝説や人々の営みが中心となっている。論文は主に文化の伝播についてのものが中心。島の清水を巡る話、炭焼き長者伝 沖縄旅行記と南島に関する論文を収録。後年語られる沖縄の宗教についてはあまり触れられておらず、伝説や人々の営みが中心となっている。論文は主に文化の伝播についてのものが中心。島の清水を巡る話、炭焼き長者伝説と鉱物を巡る話や蒲葵を巡る話等読んでいて面白くないものはなかった。後年書かれた「海上の道」に通じるテーマがいくつも出ているように思える。読んでいて思うのだけど、旅行記にしても論文にしても兎に角文章が美しいなあ。読んでいて一度だけ訪れた事のある沖縄の青い空や海に、もう一度引き寄せられるような気がした。 …続きを読む
    HANA
    2013年07月21日
    38人がナイス!しています
  • 【沖縄37】柳田国男が官吏を辞めて挙行した2か月にわたる沖縄旅行の紀行文プラス同時期の論考集。退官して満を持しての沖縄行きだったのだろう。1921年のこと。彼の沖縄と言えば最晩年の「海上の道」(196 【沖縄37】柳田国男が官吏を辞めて挙行した2か月にわたる沖縄旅行の紀行文プラス同時期の論考集。退官して満を持しての沖縄行きだったのだろう。1921年のこと。彼の沖縄と言えば最晩年の「海上の道」(1961)のイメージが強いが、意外に早くから沖縄に注目していたことを知る。ただ紀行文としてはどうだろうか。旅は大分県から始まり大隅半島の南端を経て、奄美大島、沖縄本島、宮古、八重山へと渡るが、九州南部の道程の興奮に比べると、沖縄の島々の描写は精彩に欠けるような気がしてしまった。自ら書いているように「常に一箇の↓ …続きを読む
    翔亀
    2021年12月13日
    33人がナイス!しています
  • 「小記」という題名に騙されてはいけない。まことに実り多い読書であった。南島研究の原点として、折口信夫や伊波普猷の沖縄学への道を開いたこの旅行記の影響は大きい。柳田国男でさえ、宝貝については誤った見解を 「小記」という題名に騙されてはいけない。まことに実り多い読書であった。南島研究の原点として、折口信夫や伊波普猷の沖縄学への道を開いたこの旅行記の影響は大きい。柳田国男でさえ、宝貝については誤った見解をしていたが、のちの『海上の道』できちんと訂正しているのは学者として良心的。日本人の起源を南方に求める仮説は、島尾敏雄のヤポネシアにつながる壮大さを感じる。末尾の「阿遅摩佐の島」(あじまさ=ビロウ、コバ)で、沖縄の御嶽(うたき)信仰に日本神道の原型が保存されていると説くのには感動を覚える! …続きを読む
    禿童子
    2018年04月09日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品