試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044083151

先祖の話

  • 著者 柳田 国男
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044083151

あの世とこの世を行き来する先祖と家の繋がりを明らかにする

人は死ねば子孫の供養や祀りをうけて祖霊へと昇華し、山々から家の繁栄を見守り、盆や正月にのみ交流する――膨大な民俗伝承の研究をもとに、日本人の霊魂観や死生観を見いだす。戦下で書かれた晩年の傑作。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「先祖の話」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 日本人にとって「先祖」とは何なのか、古来からの日本人の死後の観念、祖霊に対する信仰の変遷などを、日本各地の民俗事例から考察していく一冊。本文の内容も大変おもしろいですが、特に印象的なのは巻頭の「自序」 日本人にとって「先祖」とは何なのか、古来からの日本人の死後の観念、祖霊に対する信仰の変遷などを、日本各地の民俗事例から考察していく一冊。本文の内容も大変おもしろいですが、特に印象的なのは巻頭の「自序」。この本は太平洋戦争終結間際から執筆され、終戦の翌年に刊行されたもので、柳田先生はこの「自序」において、日本がかつてない危機に瀕している中、今後日本人が「日本」を未来につないでいくためにどうすべきかを語っておられます。民俗学という学問の意義を改めて重く受け止め、そして先人の研究成果に感謝せずにはいられません。 …続きを読む
    ゆきこ
    2020年11月30日
    23人がナイス!しています
  • 昭和20年の作品だが、書かれている内容は、幼い頃の記憶にあるものや10年位前東北地方で見た光景もあり、当時は何気なく見ていた事に深い意味がある事を知った。家督という言葉は好ましく思わなかったが、先祖供 昭和20年の作品だが、書かれている内容は、幼い頃の記憶にあるものや10年位前東北地方で見た光景もあり、当時は何気なく見ていた事に深い意味がある事を知った。家督という言葉は好ましく思わなかったが、先祖供養をする事と共に、何故そのような制度が存在したのか納得できる部分もあった。今では行われる事がないであろう当時の行事の中には、今だからこそ必要ではないかと思うものもあるような気がする。 …続きを読む
    マリリン
    2018年01月30日
    17人がナイス!しています
  • 昭和二十年、空襲警報が鳴り響くなかで、戦争に負けたあとを見据え、立ち直るための材料を提供するのだと書かれた一冊。戦地で、あるいは空襲で、当たり前のものとなってしまった「死」、しかもそれは、自らを祀る子 昭和二十年、空襲警報が鳴り響くなかで、戦争に負けたあとを見据え、立ち直るための材料を提供するのだと書かれた一冊。戦地で、あるいは空襲で、当たり前のものとなってしまった「死」、しかもそれは、自らを祀る子孫を作らぬままのもの。このままじゃ皆でつけてきた近代化との折り合いがなし崩しになる、そんな危機感だったのだろうか。◇凄みを感じるのは、敗戦後を見据えたことよりも、その年の10月の出版時の自序に「あまりの変化に驚いた」とあるように、予測できない、でもとりあえず前に進もうとアウトプットをまとめたこと。さすが柳田。 …続きを読む
    きいち
    2013年10月25日
    17人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品