雪国の春 柳田国男が歩いた東北

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784044083021

雪国の春 柳田国男が歩いた東北

  • 著者 柳田 国男
  • カバーデザイン 芦澤 泰偉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784044083021

柳田国男が歩いた東北から日本を考える

名作『遠野物語』を刊行した一〇年後、柳田は二ヶ月をかけて東北を訪ね歩いた。その旅行記「豆手帖から」をはじめ、「雪国の春」「東北文学の研究」など、日本民俗学の視点から東北を深く考察した文化論。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「雪国の春 柳田国男が歩いた東北」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 民俗学創始者の東北旅行記。雑誌や新聞に発表されたものを中心としてまとめられているだけあり、民俗学というより随筆のように読めた。ただその中にも菅江真澄の事や椿の事、樺の皮を紙の代わりに使う事、失業者問題 民俗学創始者の東北旅行記。雑誌や新聞に発表されたものを中心としてまとめられているだけあり、民俗学というより随筆のように読めた。ただその中にも菅江真澄の事や椿の事、樺の皮を紙の代わりに使う事、失業者問題や民間霊能者の事等、後年の民俗学に繋がるような所にしっかりと注目している所は流石である。他にも「清光館哀史」や「子供の目」等生きているうちにどことなく擦れ違うような悲しい話が心に残る。読みながら以前旅した男鹿半島や遠野、下北の山河や風光が目の前に甦るようであった。 …続きを読む
    HANA
    2013年02月13日
    30人がナイス!しています
  • 大正中期から昭和初期の主に東北地方の民俗について書かれた一冊。表題作『雪国の春』と『東北文学の研究』が特に心に残りました。私も雪国の豪雪地帯で生まれ育った身なので、雪国の冬の閉塞感とじっと春を待つ雰囲 大正中期から昭和初期の主に東北地方の民俗について書かれた一冊。表題作『雪国の春』と『東北文学の研究』が特に心に残りました。私も雪国の豪雪地帯で生まれ育った身なので、雪国の冬の閉塞感とじっと春を待つ雰囲気がなんとも懐かしくいとおしく感じられました。同じ日本といえども北と南では生活文化が大きく異なることを再認識。そして、小正月行事などの年中行事では北と南で多くの共通性が見られるという点がとても興味深いです。 …続きを読む
    ゆきこ
    2016年03月28日
    8人がナイス!しています
  • 春の長い温暖な中国南部の文芸に影響された日本文学にとって、永らく東北は他者であった。その他者を、同情ある旅人の目を通じて、日本という自己に同一化していくのが恐らく本書の意味の一つである。そのためには、 春の長い温暖な中国南部の文芸に影響された日本文学にとって、永らく東北は他者であった。その他者を、同情ある旅人の目を通じて、日本という自己に同一化していくのが恐らく本書の意味の一つである。そのためには、外国の影響から意識的に脱し、東北をも対象に含めた日本独自の文芸が必要となる。後の民俗学につながるような視点である。『海南小記』と比べて、ユーモアを交えた軽妙なものが多く、より前向きで進歩的な物言いも目立つ。しかし、「清光館哀史」のように、共同体無き歴史は故郷無き旅のようなものという悲哀も垣間見せる。 …続きを読む
    てれまこし
    2017年06月27日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品