試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784044083168

妹の力

  • 著者 柳田 国男
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784044083168

なぜ女性が祭礼を取り仕切っていたのか

かつて女性には神秘の力があるとされ、祭祀を取り仕切り、信仰の対象にもなっていた。女性に託されていたものとはなにか。全国の民間伝承や神話などを丹念に検証し、担っていた役割を明らかにする。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「妹の力」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『うつぼ舟の話』がよみたくて、久々の柳田国男。『老女化石譚』と『念仏水由来』をとくに面白く読みました。民俗学、やっぱりたまらんちん。 『うつぼ舟の話』がよみたくて、久々の柳田国男。『老女化石譚』と『念仏水由来』をとくに面白く読みました。民俗学、やっぱりたまらんちん。
    ノコギリマン
    2015年06月04日
    36人がナイス!しています
  • 『遠野物語』よりは論文やエッセイの類で専門的な話もあって難しいのだが、読み込んでいくと興味深い。まあ「妹の力」は『鬼滅の刃』の禰豆子のことだっと思って読んでみる。「妹の力」天皇制の国つ神は元は地方の神 『遠野物語』よりは論文やエッセイの類で専門的な話もあって難しいのだが、読み込んでいくと興味深い。まあ「妹の力」は『鬼滅の刃』の禰豆子のことだっと思って読んでみる。「妹の力」天皇制の国つ神は元は地方の神であり、それは家の神でもある。そして儒教的なものが支配していても日本の家では奥方の世界があった。男の腕力が及ばない力。それが天皇制の神の元に女を近づけさせない風習となった。巫女は特別なのである。巫女の力は理性的なものよりも感情的な、特に群衆の中に置いていち早く異常事態を感じる力。そうしたものが巫女の預言とか、 …続きを読む
    かふ
    2020年11月16日
    19人がナイス!しています
  • 一応、女性に関する文章を集めた論文集、エッセイ集、ということらしいが、話柄があっちこっちに跳んで、散らかった印象。無数に紹介された神話伝説から、自分なりに想像を膨らませるのは楽しい。 一応、女性に関する文章を集めた論文集、エッセイ集、ということらしいが、話柄があっちこっちに跳んで、散らかった印象。無数に紹介された神話伝説から、自分なりに想像を膨らませるのは楽しい。
    ご飯ライス@へんじがないただのしかばねのようだ
    2019年02月28日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品