試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784044083113

海上の道

  • 著者 柳田 国男
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784044083113

日本民俗学の巨人が著した最晩年の名著!

日本民族の祖先たちは、どのような経路をたどってこの列島に移り住んだのか。表題作のほか、海や琉球にまつわる論考8篇を収載。大胆ともいえる仮説を展開する、柳田国男最晩年の名著。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「海上の道」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 我々はどこから来たのか。日本人の起源を沖縄の習俗と絡めながら、常世や弥勒信仰、昔話を手がかりに解き明かそうとしている非常に壮大な論文。表題作では日本人の起源というよりは、むしろ稲作の起源という印象を受 我々はどこから来たのか。日本人の起源を沖縄の習俗と絡めながら、常世や弥勒信仰、昔話を手がかりに解き明かそうとしている非常に壮大な論文。表題作では日本人の起源というよりは、むしろ稲作の起源という印象を受ける。「稲の産屋」でもそうだけど稲作以前の事を意図的に無視しているような気がしてならない。むしろ常世を中心にした「海神宮考」「根の国の話」「鼠の浄土」、八重山と鹿島の共通を述べた「みろくの舟」の方が文化の伝播を知る上で興味深く読めた。それにしてもこの本、何故か読みながら不思議な郷愁を感じさせられる。 …続きを読む
    HANA
    2013年03月06日
    34人がナイス!しています
  • ○知識量が少ないのと文章が古いのとで読み終わるのにやたら時間がかかりました。わからないところが多くあったものの面白かったのは、民俗学特有の多くの事実を集めて推測する姿勢があったからかなぁ。勿論この本で ○知識量が少ないのと文章が古いのとで読み終わるのにやたら時間がかかりました。わからないところが多くあったものの面白かったのは、民俗学特有の多くの事実を集めて推測する姿勢があったからかなぁ。勿論この本では推測だけで終わっているし、この論文後にいくらでも新たな事実が発見されている訳だけれど、柳田先生のたくさんの事実に対して感じている希望がとても好ましかった(と言うと生意気だな)。「根の国の話」と「鼠の浄土」が特に好き。 …続きを読む
    にご
    2013年02月24日
    3人がナイス!しています
  • 齢七十を過ぎてなお、知りたいと強く欲し続けられた柳田先生、流石です。 齢七十を過ぎてなお、知りたいと強く欲し続けられた柳田先生、流石です。
    込宮宴
    2013年03月31日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品