JR崩壊 なぜ連続事故は起こったのか?

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年12月12日
判型:
新書変形判
商品形態:
新書
ページ数:
200
ISBN:
9784041106747

JR崩壊 なぜ連続事故は起こったのか?

  • 著者 梅原 淳
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年12月12日
判型:
新書変形判
商品形態:
新書
ページ数:
200
ISBN:
9784041106747

緊急刊行! これは国鉄二次破綻への序章である!

相次ぐJR北海道の事故・不祥事を招いたものは何か? 背景にあるいわゆる「JR三島会社」の経営難や、国鉄民営化の際の見通しの甘さを踏まえ、その構造的問題を指摘する。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「JR崩壊 なぜ連続事故は起こったのか?」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 立て続けに起こったJR北海道の事故について,JR北海道が脱線につながる軌道の歪みや,トンネル内火災における乗客の誘導の不備などの個別の事件は,JR北海道が,国鉄分割以来,なみはずれたコストカットを起こ 立て続けに起こったJR北海道の事故について,JR北海道が脱線につながる軌道の歪みや,トンネル内火災における乗客の誘導の不備などの個別の事件は,JR北海道が,国鉄分割以来,なみはずれたコストカットを起こった結果であると分析している。その背景にはJR北海道の収支には,直接・間接的に国費が未だに投入されていて,かろうじて存続できていること,そして時限立法の期限や,また国鉄の精算機関の消滅が近づきつつある。現在は,JR東日本の一人勝ちのような印象のあるJRグループであるが,じつは国鉄清算の影響は今も残る。 …続きを読む
    NS
    2016年01月17日
    31人がナイス!しています
  • まずタイトル、JR全社みたいな事が書かれているような印象を受けてしまうが、連続して発生したJR北海道の事故等を取り上げた内容。著者の見解だけでなく、JR北海道の各労組の考え、識者の意見も合わせて紹介さ まずタイトル、JR全社みたいな事が書かれているような印象を受けてしまうが、連続して発生したJR北海道の事故等を取り上げた内容。著者の見解だけでなく、JR北海道の各労組の考え、識者の意見も合わせて紹介されている。本文中、石井幸孝元JR九州会長の「経営にデザインを取り入れた」という話も非常に興味深かった。石井氏の著書もあったら読んでみたいと思いました。 …続きを読む
    rn
    2015年01月16日
    10人がナイス!しています
  • 14.03.10◆JR北海道の相次ぐ脱線事故を、国鉄民営化から遡って、鉄道ジャーナリストが究明。◆24時間暖気運転を余儀なくされるJR北海道ディーゼル車の燃料コスト、電車より手間のかかるメンテナンスコ 14.03.10◆JR北海道の相次ぐ脱線事故を、国鉄民営化から遡って、鉄道ジャーナリストが究明。◆24時間暖気運転を余儀なくされるJR北海道ディーゼル車の燃料コスト、電車より手間のかかるメンテナンスコストなど、利用者不足以外の要因によるコスト高構造を知る。また、現場・現物・現実の3現主義をおろそかにして技術屋を育ててこなかったツケも大きい。◆副題にある「なぜ事故は起こったのか」の真因、例えば労使対立の構造や、国営シガラミと民営との対立など、踏み込んだ内容を期待していただけに、事実の羅列のみに少々ガッカリ。 …続きを読む
    酔眼随感
    2014年03月10日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品