ここまでわかった! 敗者で読み解く古代史の謎

ここまでわかった! 敗者で読み解く古代史の謎 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年12月10日
商品形態:
電子書籍

ここまでわかった! 敗者で読み解く古代史の謎

  • 編 『歴史読本』編集部
発売日:
2014年12月10日
商品形態:
電子書籍

なぜ、彼らは敗者とされたのか? 新しい視点で古代史の通説に挑戦する!

『歴史読本』2014年4月号特集の文庫版を電子化。崇峻天皇、大津皇子、山背大兄王……彼らはなぜ敗者とされたのか? 固定した古代史の通説に挑戦する1冊です。先入観やイメージが覆される快感をお楽しみください!
(以下、目次抜粋)
第一部 敗者で読み解く古代史の謎
 崇峻天皇──「臣下による王殺し」に隠れた実績……古市 晃
 山背大兄王──上宮王家滅亡の黒幕はだれか……若井敏明
 大津皇子──持統を脅かした一流の血統と能力……義江明子
 役小角──諸刃の剣となった2つの強大な力……志村有弘
 長屋王──藤原氏との対立に敗れた「親王」……舘野和己
 藤原広嗣──平城宮を震撼させた九州の反乱……佐藤長門
 橘奈良麻呂──塗り潰された!? 挙兵の真相……遠山美都男
 藤原仲麻呂──逆賊の烙印を押された権力者……木本好信
 道鏡──成しえなかった仏教第一主義の思想……瀧浪貞子
 不破内親王──内親王による生涯3度目の謀反……遠藤みどり
 早良親王──種継暗殺を決断した皇太子の不安……関根 淳
 第一部関連 日本古代史年表
第二部 古代史「敗者」たちの真相
 東アジアからみた「弱者」「敗者」……鈴木靖民
 筑紫君磐井の墓と、その語り……上野 誠
 『万葉集』に見える敗者の歌……鈴木織恵
第三部 古代日本「三大」争乱の真相
 乙巳の変──蘇我氏を滅ぼした本当の首謀者はだれか?……篠川 賢
 白村江の戦い──敗北したのは中大兄皇子か?……松尾 光
 壬申の乱──大友皇子はなぜ惨殺されたのか?……中村修也
 古代天皇関連系図
 執筆者略歴


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ここまでわかった! 敗者で読み解く古代史の謎」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • そこそこには面白かった。 一般的に敗者の側で史書は書かれないから、意外と真実をついているのかもしれないね。 特に絶対善と絶対悪なんてそもそもありえないから・・・ 銀河英雄伝説とNHKでの大河の堺雅人の そこそこには面白かった。 一般的に敗者の側で史書は書かれないから、意外と真実をついているのかもしれないね。 特に絶対善と絶対悪なんてそもそもありえないから・・・ 銀河英雄伝説とNHKでの大河の堺雅人のコメントを想起してしまったな(笑) …続きを読む
    Zhao
    2016年01月03日
    4人がナイス!しています
  • 歴史読本の連載だったのでしょうか。サクッと読めますが、これで終わりって感じの長さ。ひとつひとつは、時代背景などを丁寧に解説していけば、新書一冊になる内容なので、ある程度の歴史認識や人物や通説理解を前提 歴史読本の連載だったのでしょうか。サクッと読めますが、これで終わりって感じの長さ。ひとつひとつは、時代背景などを丁寧に解説していけば、新書一冊になる内容なので、ある程度の歴史認識や人物や通説理解を前提にしないと面白くないかもしれない。 …続きを読む
    MrO
    2015年03月06日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品