中経の文庫

大橋鎭子と花森安治 戦後日本の「くらし」を創ったふたり

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年03月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784046015600
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

中経の文庫

大橋鎭子と花森安治 戦後日本の「くらし」を創ったふたり

  • 編 『歴史読本』編集部
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年03月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784046015600

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」で大注目! 市民が主役の時代を築いたふたり

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」の主人公のモデルとして大注目!!

戦後の焼け跡のなかから不屈の意志をもって立ち上がり、出版社を興した大橋鎭子と、彼女を支え生活雑誌の金字塔「暮しの手帖」を創刊した異色の天才編集者・花森安治の生涯に、戦後日本の世相をふりかえりながら迫る! 市民が主役となる新しい時代の文化をつくり、リードしたふたりの物語。

もくじ

第1章 焼け跡に見つけた夢の灯
新しい世界で/ふたりの出会い/御茶ノ水界隈/喫茶店での会談/花森の賭け/出版界の再出発

第2章 一家の若き「大黒柱」
北海道での幼少期/東京での生活/女学生から働く女性へ/戦時下を懸命に生きる

第3章 等身大の女性誌を
銀座からの出発/「衣裳研究所」/『スタイルブック』の成功/早くも訪れたピンチ

第4章 『暮しの手帖』の躍進
『美しい暮しの手帖』/危機は正面突破!/新企画「商品テスト」のスタート/せわしい時代のなか始まった「日本紀行」

第5章 生涯現役、好奇心は永遠に……
忘れてはならない戦争の記憶/アン・ノン族の登場/『暮しの手帖』の「父」/バブル景気のなかで/生涯現役!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「大橋鎭子と花森安治 戦後日本の「くらし」を創ったふたり」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ドラマを見るサブテキストとして手にしました。2人のことと一緒に、背景に書かれている時代のカルチャーの流れが書かれていてカルチャー歴史本というところかしら。 ドラマを見るサブテキストとして手にしました。2人のことと一緒に、背景に書かれている時代のカルチャーの流れが書かれていてカルチャー歴史本というところかしら。
    イーストゲート@デイリー
    2016年07月03日
    8人がナイス!しています
  • 「とと姉ちゃん」のモデルとなった二人について書かれた本。淡々と出来事と時代背景を綴っているだけだが、その分、暮らしの手帖という雑誌の凄さが伝わる内容。元皇族の家に行ったとか、裁判所に卵を届けたとか、鎮 「とと姉ちゃん」のモデルとなった二人について書かれた本。淡々と出来事と時代背景を綴っているだけだが、その分、暮らしの手帖という雑誌の凄さが伝わる内容。元皇族の家に行ったとか、裁判所に卵を届けたとか、鎮子の行動の素晴らしさに感動。 …続きを読む
    JuRi-Shige
    2016年09月18日
    4人がナイス!しています
  • 暮らしの手帖社の社長が大橋鎮子さんだったとは。 深いつながりはあると思っていたけど、花森安治との関係もテレビで知ったとおり。 内容は二人のこと以外の時代の背景についてが多い。 暮らしの手帖社の社長が大橋鎮子さんだったとは。 深いつながりはあると思っていたけど、花森安治との関係もテレビで知ったとおり。 内容は二人のこと以外の時代の背景についてが多い。
    mariko
    2016年08月13日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品