大橋鎭子と花森安治 戦後日本の「くらし」を創ったふたり

大橋鎭子と花森安治 戦後日本の「くらし」を創ったふたり 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2016年03月14日
商品形態:
電子書籍

大橋鎭子と花森安治 戦後日本の「くらし」を創ったふたり

  • 編 『歴史読本』編集部
発売日:
2016年03月14日
商品形態:
電子書籍

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」で大注目! 市民が主役の時代を築いたふたり

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」の主人公のモデル・大橋鎭子と、彼女を支え生活雑誌の金字塔「暮らしの手帖」を創刊した編集者・グラフィックデザイナー花森安治の生涯に、戦後日本の世相をふりかえりながら迫る! ※本作品は電子書籍化にあたり、許諾等の理由から写真、イラストの一部を掲載しておりません。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「大橋鎭子と花森安治 戦後日本の「くらし」を創ったふたり」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ドラマを見るサブテキストとして手にしました。2人のことと一緒に、背景に書かれている時代のカルチャーの流れが書かれていてカルチャー歴史本というところかしら。 ドラマを見るサブテキストとして手にしました。2人のことと一緒に、背景に書かれている時代のカルチャーの流れが書かれていてカルチャー歴史本というところかしら。
    イーストゲート@デイリー
    2016年07月03日
    8人がナイス!しています
  • 暮らしの手帖社の社長が大橋鎮子さんだったとは。 深いつながりはあると思っていたけど、花森安治との関係もテレビで知ったとおり。 内容は二人のこと以外の時代の背景についてが多い。 暮らしの手帖社の社長が大橋鎮子さんだったとは。 深いつながりはあると思っていたけど、花森安治との関係もテレビで知ったとおり。 内容は二人のこと以外の時代の背景についてが多い。
    mariko
    2016年08月13日
    0人がナイス!しています
  • 朝の連ドラ「とと姉ちゃん」が面白くて、その主人公である大橋鎮子さんのことが書かれた本に興味を持って読み始めました。 戦前から戦争の激動期を経験し、たくましくそして、二度と戦争を起こしてはならない思いを 朝の連ドラ「とと姉ちゃん」が面白くて、その主人公である大橋鎮子さんのことが書かれた本に興味を持って読み始めました。 戦前から戦争の激動期を経験し、たくましくそして、二度と戦争を起こしてはならない思いをこの二人は持ちながら、高度成長期にも浮かれない、地に足を付けた「暮らしの手帖」を作ってきた姿がなかなかカッコいい!読後感の良い本でした。 …続きを読む
    Tadayoshi Konishi
    2016年06月05日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品