不思議の国のアリス

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1975年10月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784042118015

不思議の国のアリス

  • 著者 ルイス・キャロル
  • 訳者 福島 正実
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1975年10月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784042118015

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「不思議の国のアリス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 小学校低学年で覚える漢字以外はすべてルビを振っている版。 第一章「兎の穴に落ちる」 姉さんのそばにすわっていたアリス。 白兎が「やれ、やれ、おそくなっちゃうぞ!」 そして「下へ 下へ 下へ。いったい 小学校低学年で覚える漢字以外はすべてルビを振っている版。 第一章「兎の穴に落ちる」 姉さんのそばにすわっていたアリス。 白兎が「やれ、やれ、おそくなっちゃうぞ!」 そして「下へ 下へ 下へ。いったい、どこまで落ちたら止まるのか」 不思議の世界に入っていく。訳福島正光、絵和田誠。訳者あとがきにも、ルビが。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2012年10月04日
    104人がナイス!しています
  • 「アリス・オンパレード」第3弾は角川文庫。ただし、この版は絶版になっていて、現在は別のヴァージョンが出ている。カヴァー裏その他にルイス・キャロルの簡単な紹介はあるが、訳者と挿絵画家のそれはない。訳はS 「アリス・オンパレード」第3弾は角川文庫。ただし、この版は絶版になっていて、現在は別のヴァージョンが出ている。カヴァー裏その他にルイス・キャロルの簡単な紹介はあるが、訳者と挿絵画家のそれはない。訳はSF作家であり、ハインラインの『夏への扉』等の翻訳でも名高い福島正美。ちょっと畑違いな気もするが、訳は丁寧。ルビは多く、文体からも小学校高学年あるいは中学生くらいをターゲットにしているようだ。もちろん、大人の鑑賞にも十分に耐えられる。絵は和田誠のイラスト。こちらは線が単純すぎるために、子供向けの印象を免れない。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2013年08月18日
    96人がナイス!しています
  • 【再読】ただのファンタジーではなかった。新たな児童文学の境地を開いたルイス・キャロル。この物語は日本で言えば明治になる直前の時代に書かれたものだ。時間に追われる白兎、チェシャ猫など奇抜なキャラクターた 【再読】ただのファンタジーではなかった。新たな児童文学の境地を開いたルイス・キャロル。この物語は日本で言えば明治になる直前の時代に書かれたものだ。時間に追われる白兎、チェシャ猫など奇抜なキャラクターたち。そして、原書は英語の言葉遊びがあふれていることが、この訳書でも窺い知ることができる。結末は、落語の夢オチと同じだったなんて……(笑) …続きを読む
    saga
    2020年03月09日
    52人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品