鏡の国のアリス

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1959年09月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784042118022

鏡の国のアリス

  • 著者 ルイス・キャロル
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1959年09月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784042118022


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「鏡の国のアリス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 再読。と言っても前回読んだのは、子供の頃。今回はアングロサクソンについての言及を探すために。アングロサクソンとは杓子定規で融通がきかないと言うことだろうか。今一つ読み取れない。本の内容としては、鏡の国 再読。と言っても前回読んだのは、子供の頃。今回はアングロサクソンについての言及を探すために。アングロサクソンとは杓子定規で融通がきかないと言うことだろうか。今一つ読み取れない。本の内容としては、鏡の国~より、キテレツ・不可思議度合いが上をいっている。とにかく、次から次と場面が変わるが、こちらにはウサギもいないので、指標がない感じである。鏡の国ならではの出来事がもっと欲しかったかな。こちらはアリスの冒険というより、アリスがした体験というところ。 …続きを読む
    ケイ
    2016年04月10日
    124人がナイス!しています
  • 【再読】『不思議の国のアリス』以上に英語の洒落と、英国の歴史や童謡の知識が要求されるようだ。ハンプティ・ダンプティも知らなければ楽しめない。初版は昭和34年で、昭和60年43版というロングセラー。翻訳 【再読】『不思議の国のアリス』以上に英語の洒落と、英国の歴史や童謡の知識が要求されるようだ。ハンプティ・ダンプティも知らなければ楽しめない。初版は昭和34年で、昭和60年43版というロングセラー。翻訳ではチェスを西洋将棋としているところが時代を感じさせた。本作はチェス盤を仮想した鏡の国なので、21世の現在では違和感でしかない。アリスがプディング(それも生きている!)を切り分けたシーンは、もしかしたら『ベニスの商人』のパロディなの? …続きを読む
    saga
    2020年03月13日
    39人がナイス!しています
  • 1988年4月26日読了。おじさんだって、たまにはこういう本を…。ちなみに表紙は和田誠画伯。 1988年4月26日読了。おじさんだって、たまにはこういう本を…。ちなみに表紙は和田誠画伯。
    背番号10
    1988年04月26日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品