1996年 第17回 吉川英治文学賞

角川ホラー文庫

らせん -

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1997年11月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041880036
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

1996年 第17回 吉川英治文学賞

角川ホラー文庫

らせん -

  • 著者 鈴木 光司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1997年11月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041880036

“リング”の恐怖に連なる、カルトホラー!

幼い息子を海で亡くした監察医の安藤は、謎の死を遂げた友人・高山の解剖を担当し、冠動脈から正体不明の肉腫を発見した。遺体からはみ出した新聞に書かれた数字は「リング」という言葉を暗示していた。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「らせん -」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ダビングされたり、消去されたりしながら、ウィルスのように増殖する呪いのビデオ。にじり寄る「死」を逃れる「オマジナイ」の存在と、解明したはずの謎が結果を見い出せず、なぜ?の嵐の中、呪いは形を変え、より強 ダビングされたり、消去されたりしながら、ウィルスのように増殖する呪いのビデオ。にじり寄る「死」を逃れる「オマジナイ」の存在と、解明したはずの謎が結果を見い出せず、なぜ?の嵐の中、呪いは形を変え、より強力に伝播していく。妖艶でしたたかに再生していく貞子と医学の融合は、まさにダークファンタジー。遺伝子を残そうとする本能と、家族愛という名の業が渦巻く混沌の螺旋。異界の者より、利己的な人間という存在がこの世の中で一番ホラーだ。 …続きを読む
    吉田あや
    2017年08月10日
    93人がナイス!しています
  • 再読。リングの再読後より読書後の充実感が強かったです👍リングで大ブレイクした貞子サンとその世界観の後始末というか更なる増殖を目指している様子が面白いね…映像作品も嫌いじゃないんで再鑑賞してみよう👍 再読。リングの再読後より読書後の充実感が強かったです👍リングで大ブレイクした貞子サンとその世界観の後始末というか更なる増殖を目指している様子が面白いね…映像作品も嫌いじゃないんで再鑑賞してみよう👍(ノ-_-)ノ~┻━┻次はループへ📖世界観急に拡がってSF色強かったよなぁ〜〜 …続きを読む
    キムトモ
    2019年07月16日
    79人がナイス!しています
  • 既読の本なので気が抜けたかモタついて再読( ̄▽ ̄; 三部作である前提で読んだのでホラー要素は基底にありつつもあくまで味付けとして、大筋は医療(遺伝子?)サスペンスであるという解釈が自然なのだなと受け取 既読の本なので気が抜けたかモタついて再読( ̄▽ ̄; 三部作である前提で読んだのでホラー要素は基底にありつつもあくまで味付けとして、大筋は医療(遺伝子?)サスペンスであるという解釈が自然なのだなと受け取れた。なので結末もホラーらしからぬ貞子と竜司の全面勝利で『終わってしまう』物語となったのだね。しかも勝利とはいいつつ多様性が否定されていずれは破滅が訪れることが前提だし。とはいえやはり構成も破綻なく、しっかりと『読ませて』くれる完成度の高い作品であることは『リング』と同様。安定のデキですな。『よくできました』 …続きを読む
    おかむー
    2014年03月10日
    74人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品