らせん -

1996年 第17回 吉川英治文学賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1997年11月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041880036

1996年 第17回 吉川英治文学賞

らせん -

  • 著者 鈴木 光司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1997年11月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041880036

“リング”の恐怖に連なる、カルトホラー!

幼い息子を海で亡くした監察医の安藤は、謎の死を遂げた友人・高山の解剖を担当し、冠動脈から正体不明の肉腫を発見した。遺体からはみ出した新聞に書かれた数字は「リング」という言葉を暗示していた。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「らせん -」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • リングに続けて読んだ。リングよりもさらに入り込みづらかったし、作り物感もますます強まった。だが、オリジナリティの高い作品だと思う。非現実の世界観と先端テクノロジーをどうやって融合させていくか。現代らし リングに続けて読んだ。リングよりもさらに入り込みづらかったし、作り物感もますます強まった。だが、オリジナリティの高い作品だと思う。非現実の世界観と先端テクノロジーをどうやって融合させていくか。現代らしい唯物論的世界観と19世紀の幻想的で観念論的な世界観の融合は様々な果実をもたらした。そういった挑戦は空振りも多いが、本作は成功例だろう。absintheの好みとは違っていたが、新しい挑戦は評価されていいと思う。 …続きを読む
    absinthe
    2015年08月19日
    184人がナイス!しています
  • 再読。リングの再読後より読書後の充実感が強かったです👍リングで大ブレイクした貞子サンとその世界観の後始末というか更なる増殖を目指している様子が面白いね…映像作品も嫌いじゃないんで再鑑賞してみよう👍 再読。リングの再読後より読書後の充実感が強かったです👍リングで大ブレイクした貞子サンとその世界観の後始末というか更なる増殖を目指している様子が面白いね…映像作品も嫌いじゃないんで再鑑賞してみよう👍(ノ-_-)ノ~┻━┻次はループへ📖世界観急に拡がってSF色強かったよなぁ〜〜 …続きを読む
    キムトモ
    2019年07月16日
    95人がナイス!しています
  • ★★★☆☆ 再読。前作で呪いのビデオの謎を追った高山の友人、法医学者の安藤が辿り着く戦慄の真相。  「リング」は非業の死を遂げた女性の怨念に関する日本らしいホラーでした。「怨念」とか「呪い」とか、じと ★★★☆☆ 再読。前作で呪いのビデオの謎を追った高山の友人、法医学者の安藤が辿り着く戦慄の真相。  「リング」は非業の死を遂げた女性の怨念に関する日本らしいホラーでした。「怨念」とか「呪い」とか、じとっとした題材と、時限サスペンスが融合した傑作。それを期待して読むと「ん?」ってなるかな…。本作はSFホラーといった趣き。なんでビデオを観ると死んじゃうの?という疑問に対して、「呪いだから」で済ませていたものに、科学の光を当てたのでオカルトではなくなった。新種により侵食され、駆逐されていく別種の恐怖がテーマ。 …続きを読む
    bookkeeper
    2020年05月11日
    82人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品