不登校の幼馴染が学校に行く条件は、毎日俺とキスすることだった

関連作品有り

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年11月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784040743288

関連作品有り

不登校の幼馴染が学校に行く条件は、毎日俺とキスすることだった

  • 著者 倉敷紺
  • イラスト ぽりごん。
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年11月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784040743288

「私のこと好きにしていいよ」 これは、キスから始まる背徳ラブコメディ

 高二の宏樹の日課は不登校の幼馴染ユキの家に毎日通うこと。何度呼びかけても部屋から出てこない彼女に宏樹は最後の手段を使う――。

「何か俺にできることない? 何でもするから」
「……それなら、毎日私とキスして。そしたら学校に行く」

 彼女の真意が分からぬまま、ユキの部屋で、屋上で、放課後の教室で。誰にも見つからないように何度もキスをした。

「初めてだから……上手くできないかも」
「下手くそなキスでごめんね、もっと上手くなるから」
「……続き、していい?」

 俺たちは付き合ってない。なのに、どうして俺とキスするの? キミの本当の望みは? これはキスから始まるラブコメディ。 

メディアミックス情報

NEWS

「不登校の幼馴染が学校に行く条件は、毎日俺とキスすることだった」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【BW】主人公の宏樹が不登校の幼馴染みのユキを登校させる条件は、彼女と毎日キスをすることだった…。宏樹がユキに告白して振られているという前提のもと、まだユキへの想い募らせている宏樹が、訳も分からずユキ 【BW】主人公の宏樹が不登校の幼馴染みのユキを登校させる条件は、彼女と毎日キスをすることだった…。宏樹がユキに告白して振られているという前提のもと、まだユキへの想い募らせている宏樹が、訳も分からずユキにキスをするというのがとても切ない。でも好意の無い相手にキスはさせないよね…。さて、ユキが宏樹を受け入れなかった理由は想像通りだったのだけど、関連したことが宏樹にも影響を及ぼすとは思わなかった。二人の前に立ちはだかる『障害』を、彼らはどう乗り越えるのか。続きがとても気になります。 …続きを読む
    芳樹
    2021年11月21日
    30人がナイス!しています
  • 不登校の幼馴染ユキの家に毎日通う高二の宏樹。何度呼びかけても部屋から出てこない彼女が、学校に行く条件として「毎日私とキスして」と告げる青春ラブコメ。ユキの真意が分からぬまま、彼女の部屋で、屋上で、放課 不登校の幼馴染ユキの家に毎日通う高二の宏樹。何度呼びかけても部屋から出てこない彼女が、学校に行く条件として「毎日私とキスして」と告げる青春ラブコメ。ユキの真意が分からぬまま、彼女の部屋で、屋上で、放課後の教室で。誰にも見つからないように何度もキスをする二人。昔振られたことを気にする主人公相手になかなか貪欲で、あれだけイチャイチャしていた前半からどうなるのかと思いましたけど、後半はシリアスな展開でだいぶ印象もガラリと変わりましたね。ラストはやや唐突に終わったような感もあって、これは逆に続きが気になります…。 …続きを読む
    よっち
    2021年11月21日
    26人がナイス!しています
  • 不登校の幼馴染を学校に行かせる条件として毎日キスすることになるところから始まる物語。かつて振った相手にするお願いとしてこんなに残酷なことはないと思ったけれど、謎が明かされたことで切ない気持ちにさせられ 不登校の幼馴染を学校に行かせる条件として毎日キスすることになるところから始まる物語。かつて振った相手にするお願いとしてこんなに残酷なことはないと思ったけれど、謎が明かされたことで切ない気持ちにさせられた。ただ悪役があまりにもクズであることも含めて展開が少しだけチープになりすぎたように個人的には感じた。それでもこの設定の上で何度も重ねたキスが互いの気持ちを煽っていく流れはめちゃくちゃ背徳的で良い読み味だった。ただこの物語の幕引きってそこでよかったのだろうか? …続きを読む
    かっぱ
    2021年11月22日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品