語りたくなるフェルメール 教養としての名画鑑賞

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年12月21日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
128
ISBN:
9784041075302

語りたくなるフェルメール 教養としての名画鑑賞

  • 著者 西岡 文彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年12月21日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
128
ISBN:
9784041075302

人に語りたくなること間違いなし! フェルメールのモデルの謎に挑む!

フェルメールの作品には、モデルがはっきりとわかっているものが一点もない。造形的な特徴を手がかりに顔を分類、モデルの謎に挑む世界初の試み。誰かに語りたくなること間違いなし、美術鑑賞本の決定版!

世界初! 「顔認識」でモデルの謎を解く!――描かれたのは、画家の妻か? パトロンの妻か?
真珠の耳飾りはニセモノだった?!――フェルメールの生きた時代
牛乳を注ぐ女性が、なぜ名画なのか――美は、私たちの暮らしのなかにある

もくじ

第一章  モデルの謎 女たちの顔が語る名画の舞台裏
第二章  名画は語る 代表作に隠された時代と世相の秘密
      家政婦が見たオランダ/レースとコイン 主婦と娼婦/巨大な真珠 架空のターバン/手紙が綴る女たちのドラマ/カメラとドールハウス
第三章  画家が描いた世界 自己肯定の美としてのフェルメール
      失われた時へといざなう時計塔/芸術の女神を描く絵画の自画像

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「語りたくなるフェルメール 教養としての名画鑑賞」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 明日のフェルメール展の予習をしたくて、図書館でアレコレ探したけれど、私と同じようなことを考えてる人が多いのか残っていたのは本のみ。フェルメールの生きた時代背景から、モデルの分類、絵から垣間見えるこの時 明日のフェルメール展の予習をしたくて、図書館でアレコレ探したけれど、私と同じようなことを考えてる人が多いのか残っていたのは本のみ。フェルメールの生きた時代背景から、モデルの分類、絵から垣間見えるこの時代のこと、フェルメールへの愛が感じられる内容で、フェルメール初心者でも楽しめました。 …続きを読む
    きむこ
    2019年02月15日
    65人がナイス!しています
  • 何気ない日常の一瞬を切り取って描かれているものの、不思議と謎めいた美を放つフェルメールの作品。 彼の作品には印象的な女性が多く登場するも、モデルがわかっているものは一点もないのだとか。 時と共に色々な 何気ない日常の一瞬を切り取って描かれているものの、不思議と謎めいた美を放つフェルメールの作品。 彼の作品には印象的な女性が多く登場するも、モデルがわかっているものは一点もないのだとか。 時と共に色々な事が解明され、絵に対する解釈も変化して行く様ですが、謎もまた魅力なのかな、と思いました。 …続きを読む
    さくら
    2019年05月03日
    17人がナイス!しています
  • 図書館本。フェルメールが活動した時代のオランダ絵画事情やら、描かれた女性のモデルの考察やら、薄い本にも関わらず、内容は盛りだくさん。そして、作品の隅々までじっくり目をこらし、当時の風俗やら習慣まで解説 図書館本。フェルメールが活動した時代のオランダ絵画事情やら、描かれた女性のモデルの考察やら、薄い本にも関わらず、内容は盛りだくさん。そして、作品の隅々までじっくり目をこらし、当時の風俗やら習慣まで解説してくれる。 読んでて飽きない。 描かれた衣裳について「?」な部分もあったけど、フェルメール入門としては二重丸。 「真珠の首飾りの少女」。モデル不詳の「大首絵」、着物のようなデザインのドレス、ラピスラズリを使った、海外からの青色絵具・・・いろんな意味で画期的だったらしい。 この人の解説好き。 …続きを読む
    茶坊主
    2019年02月07日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品