角川文庫

カラヴィンカ

『雪の鉄樹』で話題の著者による、衝撃のミステリー。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041061688
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

カラヴィンカ

『雪の鉄樹』で話題の著者による、衝撃のミステリー。

  • 著者 遠田 潤子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041061688

『雪の鉄樹』で話題の著者による、衝撃のミステリー。

売れないギタリストの多聞は、音楽誌に穴埋めコラムを書いて生計を立てている。最近、離婚して、妻のつくった借金を抱えて困窮していた。ある日、彼のもとに仕事の依頼が入る。カリスマ的な人気歌手、実菓子のロングインタビューだった。義理と借金のためやむなく引き受けたものの、二人は幼い頃同じ家で育ち、しかも、多聞の亡父と亡兄はともに実菓子の夫であった。二人はかつて共に住んでいた田舎の家で再会し、インタビューを開始する。実菓子への憎悪と愛情という相反する二つの感情を抱えていた多聞だったが、実菓子は多聞の知らなかった過去を語りはじめた。かつて多聞の家とともに村の二大勢力と言われた実菓子の実家の忌まわしい過去。二人の母が突然姿を消した謎。実菓子が10歳の時に起こした冤罪事件と、二度の結婚の秘密。数々の出来事の裏に隠されていた凄惨な真実が解き明かされたとき、あらたな事件が起こる――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「カラヴィンカ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大好きな遠田さんの新刊と喜んで購入して読み始めたら、あれれ?「藤屋」「斧屋」、実菓子・多聞・不動。あ~「鳴いて血を吐く」の改題でした!でも、ストーリーに引き込まれ読みきっての満足感。やはり面白いですね 大好きな遠田さんの新刊と喜んで購入して読み始めたら、あれれ?「藤屋」「斧屋」、実菓子・多聞・不動。あ~「鳴いて血を吐く」の改題でした!でも、ストーリーに引き込まれ読みきっての満足感。やはり面白いですね。古い家・跡取り・旧家同士の確執、真実を隠していた理由。遠田さんを未読の皆さんにお薦めします。 …続きを読む
    ゆみねこ
    2018年04月11日
    91人がナイス!しています
  • 内容はとてもおぞましいが、ストーリーは良く出来ており、面白く読む事ができた。丹羽谷村という場所に「藤屋」と「斧屋」という二つの対立する旧家があった。そこで幼少期を過ごしたヴォカリーズの人気歌手、実菓子 内容はとてもおぞましいが、ストーリーは良く出来ており、面白く読む事ができた。丹羽谷村という場所に「藤屋」と「斧屋」という二つの対立する旧家があった。そこで幼少期を過ごしたヴォカリーズの人気歌手、実菓子が主人公。旧家の間で繰り広げられる愛憎劇で、時代設定は1990年代なのだが、昭和初期の横溝正史の作品を読んでいるような印象を受けた。そこで明らかにされる実菓子をめぐる真実。ヴォカリーズに関してのことはあまりなく、丹羽谷村での出来事が中心だが、人物造詣が秀逸で読む手を止めさせない本だった。 …続きを読む
    のぶ
    2017年11月24日
    85人がナイス!しています
  • 遠田さん四冊目。深い因縁がもたらす愛憎劇。初読みだったら、もっと面白かったのかもしれない。素晴らしかった『雪の鉄樹』や『アンチェルの蝶』と比較してしまうと、たくさん詰め込み過ぎて、吸引力が衰えてしまっ 遠田さん四冊目。深い因縁がもたらす愛憎劇。初読みだったら、もっと面白かったのかもしれない。素晴らしかった『雪の鉄樹』や『アンチェルの蝶』と比較してしまうと、たくさん詰め込み過ぎて、吸引力が衰えてしまった印象。舞台が現代に移ると気が削がれてしまい、終盤の展開では飲み込めないところが残った。追いかけたい作家さんなので次作に期待したい。 …続きを読む
    アッシュ姉
    2017年11月22日
    76人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品