鳴いて血を吐く

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784041102640

鳴いて血を吐く

  • 著者 遠田 潤子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784041102640

最低の悪女をめぐる傑作ミステリ

離婚して経済的に困窮しているギタリスト・多聞に、人気歌手・実菓子のインタビューの仕事が舞い込んだ。多聞と実菓子は幼いころ同じ家で育ち、しかも多聞の亡父と亡兄はともに実菓子の夫であった――。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「鳴いて血を吐く」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 遠田作品初読み。因縁の呪縛が根深く影を落とす、旧態依然とした田舎の旧家。迦陵頻伽に喩えられるほどの美声に類い稀な美しさを持つ少女と、彼女に特別な感情を抱き続けた兄弟を中心に、現在と過去の余りにも愚かで 遠田作品初読み。因縁の呪縛が根深く影を落とす、旧態依然とした田舎の旧家。迦陵頻伽に喩えられるほどの美声に類い稀な美しさを持つ少女と、彼女に特別な感情を抱き続けた兄弟を中心に、現在と過去の余りにも愚かで哀しい人間模様が描かれる。幼少期に特異過ぎる大人の事情を理不尽に刷り込まれ、自己犠牲を余儀なくされながら生きてきたが故の諦念や憤り。そこから生まれた嘘、誤解。それらが隠された驚きの真実とともに顕になっていく物語は息苦しいほどに濃密で痛ましい。誰の心も血を吐くほどに鳴いている、\激情\の一言に尽きる作品だった。 …続きを読む
    Yoko Omoto
    2017年08月12日
    154人がナイス!しています
  • 田舎の旧家、藤屋と斧屋。過去よりの因縁がそこに属する者たちを縛り付け狂わせていく。藤屋の息子、不動と多聞の前に現れた父の妾の連れ子、実果子。妾母娘が同居って、いつの時代の話なのかという環境に加え大人の 田舎の旧家、藤屋と斧屋。過去よりの因縁がそこに属する者たちを縛り付け狂わせていく。藤屋の息子、不動と多聞の前に現れた父の妾の連れ子、実果子。妾母娘が同居って、いつの時代の話なのかという環境に加え大人のドロドロの事情の中に身を置く3人は毒親たちの歪んだ心に傷つけられる。嘘、怨念、裏切り、復讐。終盤で明かされる事実は一体どこまで‥と底なし沼に引きずり込まれるように重く苦しい。最後に思いを吐く実果子の姿に胸がつまる。親たちに尊厳を踏みにじられた3人の思いはどこまでもピュアでした。 …続きを読む
    miww
    2017年09月11日
    100人がナイス!しています
  • 何故か再度書くことに・・朝はなんと打ったのだったか(汗)閉鎖的な土地柄では有るであろう『家』の名の元における力関係みたいのは、想像に難くない。が、この誰にも共感できずモヤモヤいや~な感じは重く不快でた 何故か再度書くことに・・朝はなんと打ったのだったか(汗)閉鎖的な土地柄では有るであろう『家』の名の元における力関係みたいのは、想像に難くない。が、この誰にも共感できずモヤモヤいや~な感じは重く不快でたまらない。でも止められない。ラスト3ページで驚くほど開放される。この作品は好みが別れるかと・・私は、この作家の別の作品も読んでみたい。タイトルと兄弟の名は好き! …続きを読む
    いつでも母さん
    2015年06月05日
    97人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品