007 逆襲のトリガー

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年03月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784041042120

007 逆襲のトリガー

  • 著者 アンソニー・ホロヴィッツ
  • 翻訳 駒月 雅子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年03月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784041042120

イアン・フレミング財団公認! ジェームズ・ボンドが帰ってきた!

【イアン・フレミング財団公式認定】

ジェームズ・ボンドが帰ってきた!

米ソ宇宙開発競争の裏にうごめく陰謀を阻止せよ。
イアン・フレミングの遺稿をもとに、UKが誇るヒットメーカーが描く、
一気読みのスパイ・エンタテインメント!

英国秘密情報部(MI6)00部門の諜報員にして、「殺しのライセンス」を持つ男、ジェームズ・ボンド――通称“007”。

ゴールドフィンガー事件から程なく、プッシー・ガロアとの同棲生活に倦怠を感じ始めたボンドに、Mより指令が下る――「カーレースに出場し、英国人レーサーの命をソ連の陰謀から守れ」。ボンドは最も危険なサーキット場とされるドイツ・ニュルブルクリンクへ向かった。そこでボンドは、韓国人実業家のシン・ジェソンが、ソ連の秘密組織スメルシュの幹部と接触する場面を目撃。シンが主催するパーティで執務室に侵入したボンドは、発見した写真から、ソ連が米国のロケット開発に対し妨害行為を企んでいると察知する。同じくシンを探る米国のジャーナリストを名乗る美女、ジェパディ・レーンと共に調査に乗り出すが、いくつもの危機が二人に襲いかかり、やがてシンとスメルシュの恐るべき計画が明らかになる!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「007 逆襲のトリガー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 007の映画は全作品観ています。イアン・フレミングの原作は何冊か読んでいます。そして本書ですが、著者が007ファンということもあり、過去作品のオマージュ的要素が強く、新作と言うよりも、『007ゴールド 007の映画は全作品観ています。イアン・フレミングの原作は何冊か読んでいます。そして本書ですが、著者が007ファンということもあり、過去作品のオマージュ的要素が強く、新作と言うよりも、『007ゴールドフィンガー2』といった感じです。今更ながら気付いたのですが、『007ゴールドフィンガー』のボンド・ガールのネーミングが凄かった!何と『プ●シー・ガロア』です。日本名だと『ま●子』だと思うのですが・・・ …続きを読む
    starbro
    2017年06月02日
    88人がナイス!しています
  • 007によくあるストーリー。真新しさはないが映画の雰囲気は出ている。しかしボンドもこれだけ隙だらけでよく生き残ってきたものだ。イーサンハントとどっちが先にやられるか勝負だな。 007によくあるストーリー。真新しさはないが映画の雰囲気は出ている。しかしボンドもこれだけ隙だらけでよく生き残ってきたものだ。イーサンハントとどっちが先にやられるか勝負だな。
    就寝30分前
    2017年10月08日
    24人がナイス!しています
  • いつも最後は美女とムフフな感じで終わっていくボンドですが、この作品の冒頭では、その続きで冷めていく二人が描かれていたりして、なかなか面白かったです。フレミングの原作は、多分、高校時代に「ムーンレイカー いつも最後は美女とムフフな感じで終わっていくボンドですが、この作品の冒頭では、その続きで冷めていく二人が描かれていたりして、なかなか面白かったです。フレミングの原作は、多分、高校時代に「ムーンレイカー」を読んだぐらいなんで、007シリーズの雰囲気はわからないのですが、本作のエンディング付近での別れ方は、男の美学的で、けっこう渋かったですよね。敵の作戦も、時代的ですが、不思議と古い感じはしなかったです。ボンドのイメージも、コネリーではなく、クレイグで変換されてしまう私ですが、 次作も楽しみにしておきます。 …続きを読む
    Small World
    2017年06月05日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品