俺と彼女の青春論争

第18回[秋] スニーカー大賞 特別賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年03月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
292
ISBN:
9784041012437

第18回[秋] スニーカー大賞 特別賞

俺と彼女の青春論争

  • 著者 喜多見 かなた
  • イラスト ぶーた
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年03月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
292
ISBN:
9784041012437

第18回スニーカー大賞受賞作! 拙くてもイタくても、少年よ大いに語れ!

14歳で人生をドロップアウトした高志は、灰色の高校生活を送ることを決意。ところが同じクラスの全力少女・向原玲に、謎の部活「かたれ部」の活動に巻き込まれてしまう。高志と彼女の青春論争が開幕!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「俺と彼女の青春論争」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • まぁまぁかな。ややこしい要素は一切ない青春小説でしょうか。序盤でキャラを見せすぎたせいでそれ以降の展開が分かってしまうのが痛いですね。読んでいて意外性が全くありませんでした。とりあえず元神童で今はなん まぁまぁかな。ややこしい要素は一切ない青春小説でしょうか。序盤でキャラを見せすぎたせいでそれ以降の展開が分かってしまうのが痛いですね。読んでいて意外性が全くありませんでした。とりあえず元神童で今はなんかこじらせた感じの主人公と全力少女ちゃんが出会った人を変えていくというすごくわかりやすい展開が続いていくので読みやすくはあったかな。イラストも良かったし多分次巻も買う予定。 …続きを読む
    まりも
    2014年03月04日
    22人がナイス!しています
  • 【★☆☆☆☆】拙くてイタいだけの、作者およびキャラの独りよがりが延々と続く読書苦行には持ってこいの一冊……これは、買ったオレが悪い。 「自分の言葉で語る」という作品のテーマは良いと思うけど、致命的にキ 【★☆☆☆☆】拙くてイタいだけの、作者およびキャラの独りよがりが延々と続く読書苦行には持ってこいの一冊……これは、買ったオレが悪い。 「自分の言葉で語る」という作品のテーマは良いと思うけど、致命的にキャラの見せ方が下手だし地の文も読んでてイライラ。無気力主人公に全力ヒロイン、共々まったく魅力がないので物語としての盛り上がりも皆無。うーむ、なんだこれ? まあラノベがそもそも中高生向けなので、その年代なら等身大の青くささ?みたいなのを楽しめるかもだけど、オッサンが読むには痛々しすぎてツラかったです……w …続きを読む
    (●▲●)とらうまん(*^◯^*)
    2014年06月03日
    20人がナイス!しています
  • ガガガでやれよ。ド直球なんだが非常に拙いな。まさしくノイジー、ただし論争はしていない。わかりやすいのはいいが稚拙だな。自称意識が高い系で、読んでいて軽く引く。「お前がそれ言うの?」的な感じて苦笑と失笑 ガガガでやれよ。ド直球なんだが非常に拙いな。まさしくノイジー、ただし論争はしていない。わかりやすいのはいいが稚拙だな。自称意識が高い系で、読んでいて軽く引く。「お前がそれ言うの?」的な感じて苦笑と失笑で、それなりに笑えた、ただし面白くは無い。根底から引っくり返したいくらいの突っ込みどころがあり、説得力不足で青臭い。悪いと感じたところは作中で登場人物が喋ってたから、まあいいか。展開は伏線が息をしていないレベルで、もういいから早く物語進まないかなぁと感じる程度の筆力の無さを感じる。ところで携帯番号変えないか? …続きを読む
    シンヤ
    2014年03月09日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品