アムステルダム・ランチボックス

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年06月06日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ISBN:
9784840123273
ニコカド祭り2020

アムステルダム・ランチボックス

  • 著者 志羽 竜一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年06月06日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ISBN:
9784840123273

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「アムステルダム・ランチボックス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 絢日と宮部のそれぞれの恋の物語。絢日とそっくりな人物の存在との出会いからスタートする。そして舞台はアムステルダムというバー。二人に関わる人物たちは、様々な形で結びつき、過去を辿ると一つの物語へと形を成 絢日と宮部のそれぞれの恋の物語。絢日とそっくりな人物の存在との出会いからスタートする。そして舞台はアムステルダムというバー。二人に関わる人物たちは、様々な形で結びつき、過去を辿ると一つの物語へと形を成していく。絢日、哲、智也、宮部、美晴。相関図をまとめたら複雑になりそうだ。相手を思う気持ちや自分への劣等感ともとれる厳しい気持ちが交錯し、なかなか素直になれないことなど切ない気持ちにさせる。読了後、それぞれの思いに素直になれた者同士のこれから歩む道を応援したくなる。エピローグは…ほっと心温まる感じだった。 …続きを読む
    来未
    2020年05月04日
    5人がナイス!しています
  • 過去の恋愛を引きずっている女と今の恋愛に問題を抱える男の話が交互に書かれている。出来すぎな感じもしたが、読みやすく面白かった。 過去の恋愛を引きずっている女と今の恋愛に問題を抱える男の話が交互に書かれている。出来すぎな感じもしたが、読みやすく面白かった。
    いしんぺ
    2009年11月28日
    1人がナイス!しています
  • 久保田が鼻につく。なんか作者のナルチシズムに時々ついて行けなくなる作品 久保田が鼻につく。なんか作者のナルチシズムに時々ついて行けなくなる作品
    うどん屋さん(白濁)
    2015年10月21日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品