ヴァルプルギスの後悔Fire4.

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年12月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784048861878

ヴァルプルギスの後悔Fire4.

  • 著者 上遠野 浩平
  • イラスト 緒方 剛志
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年12月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784048861878

最後の戦いが終わる時、残るのはどちらの魔女か……?

“ヴァルプルギス”と“アルケスティス”の争いは、ついに最終局面を迎える。統和機構の中枢候補を巻き込み、さらに次元をも超えて拡がっていくのだが――。"炎の魔女"を巡る物語、完結編!
  • ライトノベルEXPO
    ライトノベルEXPO

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ヴァルプルギスの後悔Fire4.」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 紙木城さんのパートが(予想通りながら)涙無しには読めない。やっぱり優しくて、そして世界を救うくらい強い子だったんだな、と・・・。アルケスティスは当初の黒幕的な描かれ方から、哀しく〝潔い〟存在として退場 紙木城さんのパートが(予想通りながら)涙無しには読めない。やっぱり優しくて、そして世界を救うくらい強い子だったんだな、と・・・。アルケスティスは当初の黒幕的な描かれ方から、哀しく〝潔い〟存在として退場。切ない。オキシジェンやカレイドスコープも頑張ったが、末真さんの引き立て役になっていた。オールスター戦だったが、炎の魔女・凪の独り勝ち、ただしほとんどの登場人物が記憶リセットされてしまうという反則オチ。更なる進化を遂げた凪は何処へ向かうんだろう・・・。 …続きを読む
    眠る山猫屋
    2019年05月11日
    33人がナイス!しています
  • #ラノベ 魔女戦争終結、ラストの流れからして、世界の命運に関するような展開なのに、ただの人間が勝利するってのがいいですね。しかし、ブギーポップの名を冠していないけど、大きく物語の設定に関わってきている #ラノベ 魔女戦争終結、ラストの流れからして、世界の命運に関するような展開なのに、ただの人間が勝利するってのがいいですね。しかし、ブギーポップの名を冠していないけど、大きく物語の設定に関わってきているよなあ …続きを読む
    水無月冬弥
    2013年09月08日
    31人がナイス!しています
  • 霧間凪、炎の魔女を巡る物語がついに終わる。主要キャラ全員の今後と、上遠野作品の今後についてもちょこちょこ描かれる。今回の見所は紙木城直子かなぁ。彼女の行動がなければ「ブギーポップは笑わない」にて世界は 霧間凪、炎の魔女を巡る物語がついに終わる。主要キャラ全員の今後と、上遠野作品の今後についてもちょこちょこ描かれる。今回の見所は紙木城直子かなぁ。彼女の行動がなければ「ブギーポップは笑わない」にて世界は終わってたかもしれない。そして、今回もヴァルプルギスが勝てば世界は燃え尽きるかもしれないというなか、凪を最後に支えたのは紙木城だったところは激熱でやっぱこの人すげえな~と一作目からサーガとして追いかけてる身としては感慨深いものがある。と同時に新規にはこの作品含めた外伝は取っ付きづらさがあるよなと感じる。→ …続きを読む
    神太郎
    2020年09月05日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品