STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐ 比翼連理のアンダーリン(1)

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年12月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
388
ISBN:
9784829146521

STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐ 比翼連理のアンダーリン(1)

  • 著者 海羽 超史郎
  • 原作 5pb.×ニトロプラス
  • カバーイラスト huke
  • 本文イラスト 池田 靖宏(5pb.)
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年12月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
388
ISBN:
9784829146521

8人の鳳凰院凶真により、比翼“連”理の世界線が紡がれる

狂気のマッドサイエンティスト・鳳凰院凶真こと岡部倫太郎が目覚めると、目の前には7人の凶真が!? 「シュタインズ・ゲート」のファンディスク「比翼恋理のだーりん」と似て非なる世界線を描く衝撃のノベライズ!
  • ライトノベルEXPO
    ライトノベルEXPO

メディアミックス情報

NEWS

「STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐ 比翼連理のアンダーリン(1)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 原作である比翼恋理のだーりんは未プレイだけど、海羽先生の円環連鎖のウロボロスは読みました。またタイムリープを繰り返しワクワクさせてくれるのかな?と思ってたけど、オカリンに好意を寄せる人しか周りにいませ 原作である比翼恋理のだーりんは未プレイだけど、海羽先生の円環連鎖のウロボロスは読みました。またタイムリープを繰り返しワクワクさせてくれるのかな?と思ってたけど、オカリンに好意を寄せる人しか周りにいませんでした。冒頭とラストは気になるけど、内容の殆どはラボメンとのお話です。メイド喫茶で働いたり、PCショップでデートしたり、アパートに2人で過ごしたりと青春している様子が見れました。コメディな感じだけで終わるのかと思いきや、至る所に伏線というか、きっかけを作っているのでどう転ぶか読めない。続きが楽しみな作品です …続きを読む
    ゼロ
    2013年10月19日
    19人がナイス!しています
  • 「比翼恋理のだ~りん」は買ったまま積ゲー化して、実は未プレイなのだが、大枠は把握している。要するにファンディスクらしくラボメンガールズとキャッキャウフフのてんこ盛りだ。どれどれ、じゃあちょっくら狂おし 「比翼恋理のだ~りん」は買ったまま積ゲー化して、実は未プレイなのだが、大枠は把握している。要するにファンディスクらしくラボメンガールズとキャッキャウフフのてんこ盛りだ。どれどれ、じゃあちょっくら狂おしい程愛おしい助手のテレテレツンデレ振りでも拝見するとしますか・・・監禁、拷問?LSD、洗脳???・・・あれ、なんか違うよ?表紙を見ると・・・『比翼連理のアンダーリン』?あれれ、タイトルも少し違うよ?肝心の内容はキャッキャウフフがメインだが、本編張りのシリアス要素に緊迫感もあり、文章も達者で面白い。続きも読む。 …続きを読む
    highig
    2015年06月04日
    17人がナイス!しています
  • これの原作:比翼恋理のダーリンのPVのせいで無印のSteins;Gateからラブコメ成分だけ抽出してきたのが本作かと思いきや最後にシリアス展開が待っていた。まあ冒頭でシリアスもあることは分かるのだけど これの原作:比翼恋理のダーリンのPVのせいで無印のSteins;Gateからラブコメ成分だけ抽出してきたのが本作かと思いきや最後にシリアス展開が待っていた。まあ冒頭でシリアスもあることは分かるのだけど、それ以降ほとんどシリアス場面はないので忘れさせられていたのだ。ラブコメ部分で各ヒロインの乙女心を存分に感じられて良いのだが、やはりSteins;GateにはSFのワクワク感も期待したい。次の巻が楽しみ。 …続きを読む
    2012年01月30日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品