グリモワールの契約者2女王と魔女

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年09月10日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784048680172

グリモワールの契約者2女王と魔女

  • 著者 樹戸 英斗
  • イラスト ゆーげん
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年09月10日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784048680172

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「グリモワールの契約者2女王と魔女」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 内容(「BOOK」データベースより) 魔法書横奪事件を解決した創也やリゼットたちドミナスフラワーの面々は、その功により新涼市に大きな影響力を持つという鵺原家へ招かれる。豪華な晩餐や混浴風呂などを堪能 内容(「BOOK」データベースより) 魔法書横奪事件を解決した創也やリゼットたちドミナスフラワーの面々は、その功により新涼市に大きな影響力を持つという鵺原家へ招かれる。豪華な晩餐や混浴風呂などを堪能する一同。しかしその翌日、魔法書を取り仕切る蔵書殿の幹部を招いたパーティで、創也とリゼットは魔法書の中の魔法書と呼ばれる「究極聖典」をめぐるトラブルに巻き込まれる。難敵との戦いの中、リゼットとの絆が試される事態を前に創也の決断は …続きを読む
    ソラ
    2009年09月28日
    7人がナイス!しています
  • 【再読】 【再読】
    ソラ
    2020年09月27日
    4人がナイス!しています
  • 比較的綺麗にまとまった一巻の後に続ける話としては、相棒の立場を再確認というのは悪くない選択。ただし、少々話が散漫なのも事実。鵺原家まわりはもう少し軽くして、次の伏線を匂わせる程度でも良かったような。 比較的綺麗にまとまった一巻の後に続ける話としては、相棒の立場を再確認というのは悪くない選択。ただし、少々話が散漫なのも事実。鵺原家まわりはもう少し軽くして、次の伏線を匂わせる程度でも良かったような。
    gayuu_fujina
    2010年02月04日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品