試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784043918010

白の鳥と黒の鳥

  • 著者 いしい しんじ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784043918010

物語の魔法つかいがおくる、愛しき短編集

はつかねずみとやくざ者の淫靡な恋。山奥の村で繰り広げられる天国に似た数日間のできごと――など、奇妙なひとたちがうたいあげる、ファニーで切実な愛の賛歌!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「白の鳥と黒の鳥」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 一つひとつのお話は短くて、でもそれぞれ味わいが違う。読み手に少しの混乱と、独特のあと味を残してくれる。不気味なものから、切なさのあるもの、怖さにコミカルさ。そして、自分の人生をどう生きるのか。それを考 一つひとつのお話は短くて、でもそれぞれ味わいが違う。読み手に少しの混乱と、独特のあと味を残してくれる。不気味なものから、切なさのあるもの、怖さにコミカルさ。そして、自分の人生をどう生きるのか。それを考えると「太った人の~」「緑春」が印象深い。人間はいろいろで、それぞれが違って当たり前。その当たり前の違いを忘れてしまうと、差別やいじめが生まれてしまうのかも。楽しく全力で、笑顔で生き抜く。それができるといいな、と思えた。どれも一回では味わい尽くせない。またいつか、読み直すとまた違った印象をもらえる気がします。 …続きを読む
    Rin
    2017年12月16日
    70人がナイス!しています
  • シャガールの絵に感じる祝祭的、牧歌的な雰囲気や、優しくて寂しげな眼差しの生き物達を、そのまま物語に移し替えたような世界観。久々のいしいワールドは彩り豊かな掌編集。個人的には著者らしい「太ったひとばかり シャガールの絵に感じる祝祭的、牧歌的な雰囲気や、優しくて寂しげな眼差しの生き物達を、そのまま物語に移し替えたような世界観。久々のいしいワールドは彩り豊かな掌編集。個人的には著者らしい「太ったひとばかりが住んでいる村」が一等。社会通念上、信じられている幸福の形。自分達に馴染んだそれは、つい誰にでも当て嵌ると思ってしまいがちだけど、その人にはその人なりの幸せの形がちゃんとある。基準は今の自分の人生が楽しいか否かだけ。だって生きている時にその楽しみを味わうのでなきゃ、充実して生きているってことにならないから。 …続きを読む
    めしいらず
    2017年05月11日
    56人がナイス!しています
  • 一編一編、何が飛び出すか分からないおもちゃ箱のような面白さ。10~30ページの短編小説なのに、長編小説にできそうな程一つ一つの設定が奥深く、突飛で、ユーモラスで、メルヘンチック。この贅沢さ、まさに、い 一編一編、何が飛び出すか分からないおもちゃ箱のような面白さ。10~30ページの短編小説なのに、長編小説にできそうな程一つ一つの設定が奥深く、突飛で、ユーモラスで、メルヘンチック。この贅沢さ、まさに、いしいワールド。 …続きを読む
    いたろう
    2013年12月13日
    31人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品