角川文庫

文鳥・夢十夜・永日小品

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1970年05月12日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041001172
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

文鳥・夢十夜・永日小品

  • 著者 夏目 漱石
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1970年05月12日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041001172

夢に現れた不思議な出来事を綴る「夢十夜」、鈴木三重吉に飼うことを勧められる「文鳥」など表題作他、留学中のロンドンから正岡子規に宛てた「倫敦消息」や、「京につける夕」「自転車日記」の計6編収録。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「文鳥・夢十夜・永日小品」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • こころに続いて2冊目の夏目さん。こころとだいぶ印象が違って戸惑う。彼自身の日記に近い小品集である本書には、何となくくすりと笑えるユーモラスな一面や、内田百閒のような幻想的なふしぎ話もあったりして、素晴 こころに続いて2冊目の夏目さん。こころとだいぶ印象が違って戸惑う。彼自身の日記に近い小品集である本書には、何となくくすりと笑えるユーモラスな一面や、内田百閒のような幻想的なふしぎ話もあったりして、素晴らしい文豪というよりは、夏目さん、夏目先生、と気軽に声をかけたくなるような親しみを感じてしまう。彼自身の人柄を慕ってくるお弟子さんも多かったんだろうなぁ。京に着ける夕で京都に行きたくなって、ついでにぜんざいを食べたくなって、永日小品、倫敦消息、自転車日記で思わずくすり。夢十夜の幻想的で訳わかんない感じも好き。 …続きを読む
    ちなぽむ
    2018年08月15日
    148人がナイス!しています
  • 2018年242冊め。他文庫や青空文庫で既読。再読。漱石作品の中でとりわけ好きなのがは『夢十夜』。何度読んでも笑ってしまうのが『自転車日記』。 2018年242冊め。他文庫や青空文庫で既読。再読。漱石作品の中でとりわけ好きなのがは『夢十夜』。何度読んでも笑ってしまうのが『自転車日記』。
    扉のこちら側
    2018年06月30日
    83人がナイス!しています
  • 『文鳥』のみ何度目かわからない再読。文鳥愛好者としては漱石の「面倒くせえなあ」と思いながら文鳥の世話をしている様子が腹立たしくてならない。文鳥に昔の女性を重ねるのはまあ許せるが(文鳥は色気がありますか 『文鳥』のみ何度目かわからない再読。文鳥愛好者としては漱石の「面倒くせえなあ」と思いながら文鳥の世話をしている様子が腹立たしくてならない。文鳥に昔の女性を重ねるのはまあ許せるが(文鳥は色気がありますから)。千代と鳴く文鳥なんているのかしら、と思っていたら以前ホームセンターで見つけてそれは嬉しかった。あの子、まだ元気だといいな。 …続きを読む
    佐島楓@勉強中
    2017年08月18日
    68人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品