文鳥・夢十夜・永日小品

関連作品有り

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1970年05月12日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041001172

関連作品有り

文鳥・夢十夜・永日小品

  • 著者 夏目 漱石
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1970年05月12日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041001172

夢に現れた不思議な出来事を綴る「夢十夜」、鈴木三重吉に飼うことを勧められる「文鳥」など表題作他、留学中のロンドンから正岡子規に宛てた「倫敦消息」や、「京につける夕」「自転車日記」の計6編収録。

メディアミックス情報

NEWS

「文鳥・夢十夜・永日小品」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • こころに続いて2冊目の夏目さん。こころとだいぶ印象が違って戸惑う。彼自身の日記に近い小品集である本書には、何となくくすりと笑えるユーモラスな一面や、内田百閒のような幻想的なふしぎ話もあったりして、素晴 こころに続いて2冊目の夏目さん。こころとだいぶ印象が違って戸惑う。彼自身の日記に近い小品集である本書には、何となくくすりと笑えるユーモラスな一面や、内田百閒のような幻想的なふしぎ話もあったりして、素晴らしい文豪というよりは、夏目さん、夏目先生、と気軽に声をかけたくなるような親しみを感じてしまう。彼自身の人柄を慕ってくるお弟子さんも多かったんだろうなぁ。京に着ける夕で京都に行きたくなって、ついでにぜんざいを食べたくなって、永日小品、倫敦消息、自転車日記で思わずくすり。夢十夜の幻想的で訳わかんない感じも好き。 …続きを読む
    ちなぽむ@ゆるりと復活
    2018年08月15日
    151人がナイス!しています
  • 漱石は短編集がたまらない。超短編集の永日小品は贅沢に連なる美しい比喩表現に終始うっとり(漱石を愛読する綿矢りさ氏の圧倒的比喩表現が連想され個人的に嬉しい。)...読書中の私からはアルファ波が出ていたに 漱石は短編集がたまらない。超短編集の永日小品は贅沢に連なる美しい比喩表現に終始うっとり(漱石を愛読する綿矢りさ氏の圧倒的比喩表現が連想され個人的に嬉しい。)...読書中の私からはアルファ波が出ていたに違いない。正岡子規への手紙である倫敦消息も茶目っ気たっぷりでこんな面白い文章読んだことない…と感激しきり。懐かしくて鼻の奥がつんとするようなからっぽの日常の人間臭さもやはり心にしっくり沁みる。知的でユーモラスで繊細でほの暗い漱石ってもしかして理想の男性かもしれないなど自由に夢想に耽りつつ幸福感と共に読了。 …続きを読む
    mukimi
    2021年06月17日
    119人がナイス!しています
  • 「京につける夕」は正岡子規が亡くなった後の京都へ訪った時のエッセイ。今までとは格段と寒々しく思える京の様子とデジャブの甘さに感を打たれる姿に友を喪った哀しみがヒシヒシと伝わってきます。そして『夢十夜』 「京につける夕」は正岡子規が亡くなった後の京都へ訪った時のエッセイ。今までとは格段と寒々しく思える京の様子とデジャブの甘さに感を打たれる姿に友を喪った哀しみがヒシヒシと伝わってきます。そして『夢十夜』は矢張り、格別。微睡みの中で見た悪夢めいていて懐かしいので寝苦しい夜のお供にピッタリでした。今の私は「仏の像」の話が好きです。『倫敦消息』などのエッセイらは『先生と僕』(香月ゆら)で紹介されていたエピソードも多々、収録。その為、脳内は香月ゆらさんの絵柄で再生されてしまいました。 …続きを読む
    藤月はな(灯れ松明の火)
    2020年06月17日
    89人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品