坊っちゃん

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年05月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041001219

坊っちゃん

  • 著者 夏目 漱石
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年05月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041001219

不朽の名作『坊っちゃん』が新装版で登場!

単純明快な江戸っ子の「おれ」(坊っちゃん)は、物理学校を卒業後、四国の中学校教師として赴任する。一本気な性格から様々な事件を起こし、また巻き込まれるが。欺瞞に満ちた社会への清新な反骨精神を描く。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「坊っちゃん」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 坊ちゃん!ヽ(`Д´)ノ無鉄砲!⇨乱暴!いたずら!(*>_<*)ノ『両親にかわいがられなかった!』⇨下女(´v`)清!(´▽`*)褒めてくれる!(o´∀`o)大切にしてくれる!(o˘˘o)心の支えにな 坊ちゃん!ヽ(`Д´)ノ無鉄砲!⇨乱暴!いたずら!(*>_<*)ノ『両親にかわいがられなかった!』⇨下女(´v`)清!(´▽`*)褒めてくれる!(o´∀`o)大切にしてくれる!(o˘˘o)心の支えになっている!⇨旅立ちの時!(⊙.⊙)四国の中学校に赴任!⇨同僚教師!ヾ(`ε´)ノ衝突!ヽ(`⌒´)ノ奮闘!(`ロ´)『自分の正義を貫く!』⇨中学校を去る( ̄へ ̄)清の元へ(๑´ڡ`๑)最後まで共にする!⇨夏目漱石没後100年目!(๑´ڡ`๑)『人々の心に残ってほしい名作!』傑作作品。☆٩(๑❛.❛๑)۶4.8 …続きを読む
    テンちゃん
    2016年01月11日
    221人がナイス!しています
  • ドラマ化を機に、名高くも敬遠していた夏目漱石に初挑戦してみました。昔の単語に少々苦しみ、中々集中できる時間が短かったこともあり、一度冒頭から読み直しました。やっぱりちょっと難しかったな。坊っちゃんの ドラマ化を機に、名高くも敬遠していた夏目漱石に初挑戦してみました。昔の単語に少々苦しみ、中々集中できる時間が短かったこともあり、一度冒頭から読み直しました。やっぱりちょっと難しかったな。坊っちゃんの正直すぎる正直さは、現代に生きる私からすれば突拍子もないことの連続。けれど、嘘はつかない、決めたことはどこまでも曲げない坊っちゃんを読み込むにつれ、『良い御気性だなぁ…』と口元が緩みました。清との仲も微笑ましかった。かなり時間がかかってしまいましたが、無事読み終えられて良かったです。 …続きを読む
    結衣花
    2016年01月06日
    127人がナイス!しています
  • 明治時代に書かれた話なのに今読んでも全く古さを感じません。寧ろ斬新で面白いですね。生まれつきの乱暴者で口の悪い「坊ちゃん」が四国の中学に教師として赴任してからのドタバタが笑えます。勝手に変なあだ名をつ 明治時代に書かれた話なのに今読んでも全く古さを感じません。寧ろ斬新で面白いですね。生まれつきの乱暴者で口の悪い「坊ちゃん」が四国の中学に教師として赴任してからのドタバタが笑えます。勝手に変なあだ名をつけたり、無鉄砲が故に同僚たちと衝突したりするのが痛快でなりません。当の本人は田舎暮らしなど我慢できないようですが。まさに波乱の日常で、ユーモアにあふれているのがいいですよね。無茶苦茶だけど名作だと思います。そしてこの本に微妙な一言のキャッチコピーをつけるなら「あだ名大好き」でしょうか。 …続きを読む
    優希
    2014年07月11日
    116人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品