虞美人草

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年06月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784044002848

虞美人草

  • 著者 夏目 漱石
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年06月17日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784044002848

三角関係の先にある衝撃的な結末とは? 大人気和柄シリーズの最新刊!

美しく聡明だが、我が強く、徳義心に欠ける藤尾には、亡き父が決めた許嫁・宗近がいた。しかし藤尾は宗近ではなく、天皇陛下から銀時計を下賜されるほどの俊才で詩人の小野に心を寄せていた。京都の恩師の娘で清楚な小夜子という許嫁がありながら、藤尾に惹かれる小野。藤尾の異母兄・甲野を思う宗近の妹・糸子。複雑に絡む6人の思いが錯綜するなか、小野が出した答えとは……。漱石文学の転換点となる初の悲劇作品。

【目 次】

虞美人草

注釈
解説 佐古純一郎
新版解説 小森陽一
文献抄
年譜


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「虞美人草」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2018年237冊め。再読。青空文庫で既読。新聞連載というのは後で知ったのだが、再読してみると物語自体は昼メロ的な雰囲気もあり大衆に好まれそうである。取り繕って打算的に生きる悲喜劇の末路。 2018年237冊め。再読。青空文庫で既読。新聞連載というのは後で知ったのだが、再読してみると物語自体は昼メロ的な雰囲気もあり大衆に好まれそうである。取り繕って打算的に生きる悲喜劇の末路。
    扉のこちら側
    2018年06月30日
    67人がナイス!しています
  • 小野、欽吾、宗近、藤尾、糸子、小夜子の男女6人の青春群像劇。恩師の娘を袖にして金持ちで美人の藤尾とくっつきたい小野。婚約者?の宗近と秀才の小野を手玉に取る藤尾。義理と人情の板挟みになった気弱な小野は、 小野、欽吾、宗近、藤尾、糸子、小夜子の男女6人の青春群像劇。恩師の娘を袖にして金持ちで美人の藤尾とくっつきたい小野。婚約者?の宗近と秀才の小野を手玉に取る藤尾。義理と人情の板挟みになった気弱な小野は、友人を使って一気に幕引きを図るが、宗近の鮮やかな説得に会い、自らの卑怯さに気づく。なにやら難しい欽吾や小野に比べ、宗近の行動力のなんとも爽やかなこと。クライマックスで藤尾の死という悲劇が待っているのだが、それがあまりに唐突。当時としては斬新な小説を書いていた漱石が実は保守的な心情の持ち主だったりする。 …続きを読む
    RASCAL
    2018年06月06日
    17人がナイス!しています
  • 前半はあまりページをめくる手が進まなかったが、後半は夢中になる。やはり、漱石の他作品と共通するものを私は感じた。つまり、私利私欲に走り、打算に満ちた、魂胆の知れない人間が、表面的には取り繕いながらいき 前半はあまりページをめくる手が進まなかったが、後半は夢中になる。やはり、漱石の他作品と共通するものを私は感じた。つまり、私利私欲に走り、打算に満ちた、魂胆の知れない人間が、表面的には取り繕いながらいきる社会。そんな社会が辿る悲劇とも言える末路を描いた作品のような気がする。宗近の\真面目に生きよ\という言葉が何となく胸に響いた。その宗近は打算ではなく、こんな事を小野に言ったのだと信じたいけど.... …続きを読む
    ホシ
    2017年09月19日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品