角川文庫

道草

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041075883
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

道草

  • 著者 夏目 漱石
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041075883

すれ違いながら、互いへの理解を諦めきれない夫婦の姿を克明に描く異色作!

留学帰りの健三は仕事に忙殺され、妻子を思いやる余裕もなく日々を過ごしていた。
ある日、彼のもとへ絶縁したはずの養父・島田が金の無心にやって来る。かつての恩義や見栄のため、頼みを断れない彼に嫌気がさす身重の妻。
しかし意固地な二人は話し合うこともせず、すれ違う。
腹違いの姉からも経済的支援をせがまれ、健三の苦悩は深まる。そんな中、妻は出産を迎えるが……。
分かり合いたい、分かってもらいたい、けれども分かり合えない二人。

互いへの理解を諦めきれない夫婦の姿を克明に描く、漱石後期の名作。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「道草」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 自伝的小説らしいけど、人の柵とお金の問題が延々と語られてるだけな気が。何となく気になって最後まで読みきった感じ。 自伝的小説らしいけど、人の柵とお金の問題が延々と語られてるだけな気が。何となく気になって最後まで読みきった感じ。
    てんつく
    2019年05月29日
    17人がナイス!しています
  • 漱石の悲しい過去が反映された自伝的小説。 ドラマティックな展開はなく、金の無心に来る親戚に対して、主人公夫婦が、金を貸すだの貸さないだのと揉める描写が延々と続く。 断ればいいのに、義理を重んじて結局金 漱石の悲しい過去が反映された自伝的小説。 ドラマティックな展開はなく、金の無心に来る親戚に対して、主人公夫婦が、金を貸すだの貸さないだのと揉める描写が延々と続く。 断ればいいのに、義理を重んじて結局金を貸してしまう主人公が地味に悲しいです。 …続きを読む
    五十嵐
    2019年06月26日
    0人がナイス!しています
  • この物語は難しい。最近の本のように事件など大きな変化 が、ほとんどなく淡々と物語は進行する。 そこにこの物語の魅力があるのかなと思う。 古典の良いところは表現である。 そう思ったのでこの本の一節を備忘 この物語は難しい。最近の本のように事件など大きな変化 が、ほとんどなく淡々と物語は進行する。 そこにこの物語の魅力があるのかなと思う。 古典の良いところは表現である。 そう思ったのでこの本の一節を備忘録として残したい。 あたかも自分で自分の身体に反抗でもするように、あたかも わが衛生を虐待するように、また己れの病気の敵討ちでもしたいように。彼は血に飢えた。しかも人を屠ることができないので已をえず自分の血を啜って満足した。(p282) 見事な表現であると思った。何回でも読みたい本だ。 …続きを読む
    安田真理名
    2018年12月20日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品