さえづちの眼

さえづちの眼

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年03月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041117361
label

さえづちの眼

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年03月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041117361

琴子が挑む”さえづち”の祟りとは――比嘉姉妹シリーズ初の中篇集!

長編『ばくうどの悪夢』も絶好調! 書き下ろし中篇「さえづちの眼」を含む3篇が収録された、比嘉姉妹シリーズ初の中篇集。

◆あの日の光は今も
1981年に大阪府東区巴杵町で2人の少年がUFOを目撃した、巴杵池(はぎねいけ)事件。
母とともに小さな旅館を営む昌輝は、かつてUFOを目撃した少年のうちの一人だった。
事件も遠い記憶になり始めたころ、湯水と名乗るライターが事件の記事を書きたいと旅館を訪ねてくる。
昌輝は湯水と宿泊客であるゆかりに向けて、あの日何が起こったかを語り始めるが――。

◆母と
真琴のもとに助けを求めにやってきた杏という少女。
彼女が暮らす民間の更生施設・鎌田ハウスに「ナニカ」が入り込み、乗っ取られ、結果的に住人たちがおかしくなってしまったらしい。
杏を救うために真琴と野崎は、埼玉県にある鎌田ハウスへと向かう。

◆さえづちの眼
郊外にある名家・架守家で起こった一人娘の失踪事件。
「神隠し」から数十年後、架守の家では不幸な出来事が続いていた。
何かの呪いではないかと疑った当主は、霊能者の比嘉琴子に助けを求めるが――。
長編『ばくうどの悪夢』も絶好調! 書き下ろし中篇「さえづちの眼」を含む3篇が収録された、比嘉姉妹シリーズ初の中篇集。

◆あの日の光は今も
1981年に大阪府東区巴杵町で2人の少年がUFOを目撃した、巴杵池(はぎねいけ)事件。
母とともに小さな旅館を営む昌輝は、かつてUFOを目撃した少年のうちの一人だった。
事件も遠い記憶になり始めたころ、湯水と名乗るライターが事件の記事を書きたいと旅館を訪ねてくる。
昌輝は湯水と宿泊客であるゆかりに向けて、あの日何が起こったかを語り始めるが――。

◆母と
真琴のもとに助けを求めにやってきた杏という少女。
彼女が暮らす民間の更生施設・鎌田ハウスに「ナニカ」が入り込み、乗っ取られ、結果的に住人たちがおかしくなってしまったらしい。
杏を救うために真琴と野崎は、埼玉県にある鎌田ハウスへと向かう。

◆さえづちの眼
郊外にある名家・架守家で起こった一人娘の失踪事件。
「神隠し」から数十年後、架守の家では不幸な出来事が続いていた。
何かの呪いではないかと疑った当主は、霊能者の比嘉琴子に助けを求めるが――。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

あの日の光は今も
母と
さえづちの眼

同じシリーズの作品

「さえづちの眼」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 澤村伊智の書き下ろし3編からなるホラー小説の中編集。ゾワゾワと怪しく、不気味に蠢く『何か』を、オカルト的な世界観の中で描いている。そして、その怖さの中にも、人としてのエゴや傲慢さを重ね合わせることで、 澤村伊智の書き下ろし3編からなるホラー小説の中編集。ゾワゾワと怪しく、不気味に蠢く『何か』を、オカルト的な世界観の中で描いている。そして、その怖さの中にも、人としてのエゴや傲慢さを重ね合わせることで、醜い人間心理に迫る、日本ホラーらしさを醸し出している。また、中編小説ながらも、展開は終盤に来て、二転三転と捻りを加え、意外な方向性の中で、恐怖を突き付けてくる。落とし所は、あり得ない『何か』となって、一気にホラー色を濃くし、背筋を凍凍らせる。標題の『えづちの眼』では、シリーズものの霊媒師・比嘉琴子も登場する。 …続きを読む
    bunmei
    2023年08月16日
    182人がナイス!しています
  • 中編3編。いずれも母と子に関連した内容だった。 「母と」に真琴、「さえづちの眼」に琴子が登場。「あの日の光は今も」は湯水が登場。辻村ゆかり、何者?と思ったら、ずうのめスピンオフだったのか。ここを読むまで 中編3編。いずれも母と子に関連した内容だった。 「母と」に真琴、「さえづちの眼」に琴子が登場。「あの日の光は今も」は湯水が登場。辻村ゆかり、何者?と思ったら、ずうのめスピンオフだったのか。ここを読むまで気付かなかった。(もう一度ずうのめ読まなきゃ) 「さえづちの眼」、母を恨む気持ちは分からんでもないが、ほぼ事故じゃん。 不気味な怖さは控えめだったが、どれも面白かった。 …続きを読む
    mihya
    2023年07月06日
    168人がナイス!しています
  • 澤村さんの比嘉姉妹シリーズの最新作です。中編が3編収められています。2作目はあまりシリーズに関係なさそうでしたが。やはり澤村さんの本領だるホラーという感じが非常にうまく描かれているような感じでした。母親 澤村さんの比嘉姉妹シリーズの最新作です。中編が3編収められています。2作目はあまりシリーズに関係なさそうでしたが。やはり澤村さんの本領だるホラーという感じが非常にうまく描かれているような感じでした。母親とその子供という状況が3作ともに出ているようでした。私は表題作よりも最初の「母と」が一番印象に起こりました。 …続きを読む
    KAZOO
    2023年04月15日
    168人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品